ワークマンオンラインストアブログ

機能性と低価格を追求!ストレッチV衿ウィンドブレーカー
山田耕史
2021/10/28 00:00

実は使えるプルオーバータイプのウィンドブレーカー

「ウィンドブレーカー」という言葉を聞くと、前にファスナーがあって羽織るようなアウター、とイメージする人が多いのではないでしょうか。 今回ご紹介する「ストレッチV衿ウィンドブレーカー」は、トレーナーのように上から被って着る、いわゆるプルオーバータイプのウィンドブレーカーです。

ストレッチV衿ウィンドブレーカー」はワークマンのプライベートブランド、wmbの製品で、現場で働くリアルワーカーの為に機能性と低価格を追求しています。
ですが、僕が「ストレッチV衿ウィンドブレーカー」に惹かれたのはそのデザインです。機能性と低価格を追求するために無駄を徹底的に排除した結果、ミニマルとも言えるくらい、シンプルなデザインに仕上がっています。

デザインだけでなく、生地も魅力的。薄くて軽いポリエステル100%生地はマットな質感で、リアルワーカー向け製品ではなかなか見られない、洗練された印象さえ生まれています

深いVネックは着脱が容易。

右裾にフラップポケット。

マジックテープ式になっており、スマートフォンなどを入れるのにピッタリです。

袖口と裾にはリブが配され、冷気の侵入を防ぎます。

「ちょい足し」で普段着がより快適に

今回「ストレッチV衿ウィンドブレーカー」の活用方法としてオススメしたいのが、普段のコーディネートに「ちょい足し」すること。
例えば、スウェットのプルパーカに、ジーンズというベーシックなカジュアルコーディネート。現在、若者を中心に古着の人気が非常に高まっており、その中でもスウェットプルパーカは古着屋さんでも商品数が枯渇しつつある注目アイテムです。

暖かく、動きやすいのがスウェット素材の魅力ですが、秋が深まり寒風が吹くようになると、その冷気は生地を通り抜けて体を冷やしてしまいます。そんなときにスウェットパーカの上から「ストレッチV衿ウィンドブレーカー」を着れば、風をシャットアウト。「ストレッチV衿ウィンドブレーカー」の生地にはストレッチ性もあるため、動きやすさは損なわれませんし、深いVネックはフードがあっても気軽に着脱できます。

このように、「ストレッチV衿ウィンドブレーカー」をアウターのように「ちょい足し」するだけでなく、インナーに「ちょい足し」するのもオススメです。こちらはワークマン「ヘビーウエイトコットン オーバーサイズ長袖Tシャツ」に、コットン素材のミリタリージャケットを羽織ったコーディネート。ボトムスは暖かさと動きやすさ、そしてシンプルデザインが魅力のワークマンx山田耕史「AERO STRETCH ウォームスラックス」です。

スウェットパーカ同様、コットン素材のミリタリージャケットは風を通してしまいます。ですので、寒風で肌寒くなった場合はTシャツの上に「ストレッチV衿ウィンドブレーカー」を着ると、体感気温が格段にアップします。

今年は秋が短く、すぐに冬の寒さになってしまいましたが、防寒力が低い秋アウターでも、インナーに「ストレッチV衿ウィンドブレーカー」を着ることで、長い期間着られるようになります。
また、「ストレッチV衿ウィンドブレーカー」は薄くて軽いので、畳んで鞄の中に入れておいてもストレスにならず、撥水加工も施されているので、ちょっとの雨ならレインコート代わりにも活用可能。ぜひ一度、お試し下さい。

  • タグ:
シンプルなデザインが魅力!制電加工裏起毛 長袖ハイネック
山田耕史
2021/10/27 00:00

580円の「ガチ系」ワークウェア

こちらのブログでは過去に何度もご紹介している「ガチ系」ワークウェア。リアルワーカー向けなので、丈夫で機能的、そして汚れたり破れたりしても気軽に買い替えられる低価格が魅力です。最近では「加工糸カーゴパンツ」をご紹介しました。 今回ご紹介する「制電加工裏起毛 長袖ハイネック」も、そんな「ガチ系」ワークウェア。お値段はなんと、580円というお手頃価格です。

製品名の通り、「制電加工裏起毛 長袖ハイネック」の最大の特色は静電気が起きにくいということ。現場によっては静電気が原因による火花が事故の原因となることもあるので、その防止が目的です。
ですが、この機能が役立つのはワークシーンだけではありません。これから寒くなって湿度が下がると、指先がパチっとなる静電気に悩まされる人は少なくないでしょう。「制電加工裏起毛 長袖ハイネック」はそんな不快を軽減してくれます。

また、一般的なカジュアルウェアと馴染みやすいシンプルなデザインも魅力。

胸元にはあると何かと便利なポケット。

袖口はリブ仕様になっているので、冷気の侵入を防いでくれます。

そして、これからの季節に嬉しいのがこちらの裏起毛。着用したときのひんやり感が少ないので、部屋着としても活躍してくれます。

シンプルデザインなので、普通のカジュアルなTシャツと同じように、気軽に普段着と合わせられます。最近はめっきり気温が下がったので、「制電加工裏起毛 長袖ハイネック」一枚で外に出るとちょっと肌寒いでしょうが、秋の定番アイテムであるネルシャツを羽織れば、誰にでも似合うカジュアルスタイルの出来上がり。

合わせているパンツはワークマンx山田耕史「超撥水ウォームシェフパンツ」。暖かみのあるコーデュロイ素材、そして裏側はフリース素材という、まさに鉄壁の防寒カジュアルパンツです。

ビジネススタイルにもハマる「秘密」

制電加工裏起毛 長袖ハイネック」が活躍するのはカジュアルスタイルのときだけではありません。「ガチ系」ワークウェアながら、テーラードジャケットに合わせたビジカジスタイルにも全く違和感なくマッチします。

しかも、合わせているパンツは同じくワークマンの「ガチ系」ワークウェアである「綿混スラックス」。こちらもシンプルなデザインで、ワークシーンだけでなく、カジュアル、そしてこのようにビジネスシーンでも着用可能なオールマイティーさで、なんと980円です。
実は、「制電加工裏起毛 長袖ハイネック」がこのようにビジネススタイルにもマッチするのには、秘密があります。それはこのハイネック。一般的にテーラードジャケットに合わせるアイテムは襟付きのシャツが定石。ビジカジスタイルにはテーラードジャケットに丸首のTシャツを合わせる例がよくありますが、丸首Tシャツは襟がないのでテーラードジャケットとはあまり相性が良くありません。その点、「制電加工裏起毛 長袖ハイネック」ハイネックがシャツの襟の代わりになってくれるので、テーラードジャケットと相性が良好で収まりが良いのです。

しかも、首筋が直接テーラードジャケットに当たらないので、襟が皮脂で汚れにくいというメリットもあります。
様々なシーンで重宝する「制電加工裏起毛 長袖ハイネック」。これからの季節、持っておいても損はない一着です。

  • タグ:
細かなこだわりがうれしいヘビーウェイト裏起毛フーディ
サリー
2021/10/26 00:00

こんにちは、ワークマンアンバサダーのサリーです。毎週家族でキャンプに出撃し、キャンプ情報やワークマン商品レビューを「ちょっとキャンプ行ってくる。」というブログYouTubeでご紹介しています。

今回ご紹介するのは、コーデの定番アイテムでもあるパーカー。1枚持っておくと便利なアイテムです。1,500円というコスパに優れたワークマンのパーカー、詳しくご紹介します。

ヘビーウェイト裏起毛フーディとは?

パーカーは他メーカーさんからも多数発売されている定番アイテム。ただこのワークマンのヘビーウェイト 裏起毛フーディは、細かい所にこだわりがありつつもコスパに優れた隠れた逸品なのです。

ヘビーウェイトの名の通り、かなり生地が厚め。しっかりとボリュームがあるため、一枚で着てもかっこいいのです。

首元のVガゼットや、サイドの部分などはリブになっています。こういうちょっとした切り替えがおしゃれですね。

しっかりと裏起毛なので、寒い時期でも暖かく過ごせます。

ポケット部分ももちろん裏起毛。冷たい手もポケットでぽかぽか。

フードにもしっかり存在感があるので、後ろ姿のシルエットもきれいです。

気になるロゴは、小さくポケットの横にあるだけなので目立ちません。このタグは反射材にもなっています。

ワークマンアンバサダーサリーが着てみました

ワークマンアンバサダーサリー、実際に着てみました。身長163cmでメンズLサイズです。大きめサイズをゆるっと着たかったので、私的にはちょうどいいサイズ感。

男性がゆったり着るなら普段のサイズより2サイズくらい大きめを選んでもいいかもしれません。

後ろ姿です。大きすぎず小さすぎず、カジュアルないいシルエットが出ています。 とても肉厚な生地なので、しっかりとトップスにボリュームが出てバランスもいいですね。裏起毛で暖かいのでこれからの季節とても重宝しそうです。

大きめのアウターを羽織り、フードを出すのもすてきなコーデになりますよ!

商品詳細

商品名:ヘビーウェイト 裏起毛フーディ
商品コード:21376
サイズ:M/L/LL/3L
カラー:チャコール杢、オートミール、キャメル、レッド、グリーン、グレー
価格:1,500円(税込)

ヘビーウェイト裏起毛フーディはコスパ◎

今回はヘビーウェイト 裏起毛フーディをご紹介しました。生地が厚めで1枚でも様になり、暖かい定番フーディ。

1,500円というコスパに驚きの一品です。ぜひワークマン店舗、ワークマンオンラインストアでチェックしてみてくださいね。

裏アルミのインナー!?ファイバーレイヤー裏アルミクルーネック
サリー
2021/10/25 00:00

こんにちは、ワークマンアンバサダーのサリーです。毎週家族でキャンプに出撃し、キャンプ情報やワークマン商品レビューを「ちょっとキャンプ行ってくる。」というブログYouTubeでご紹介しています。

今回ご紹介するのは、裏アルミで暖かく冬にぴったりなインナー「ファイバーレイヤー裏アルミクルーネック」です。では詳しく見ていきましょう!

ファイバーレイヤー裏アルミクルーネックとは?

こちらが店頭で販売されている状態です。パッケージに入っています。サイズはMから3Lまでラインナップがあります。

こちらが広げてみたところです。2色のバイカラーになっているので、コーディネートのアクセントになりますね。今回はブラック×ベージュをチョイスしました。

ふんわりと薄く中綿が入ったぽこぽことした凹凸のあるキルティングのような生地感です。そして裏はブラックアルミになっています。

このワークマン独自の3層構造(表地、ファイバー中綿、ブラックアルミ)で、体をしっかりと暖め、保温してくれます。

胸元にはポケットが付いています。

袖口はゆるく絞ってあります。

アンバサダーサリーが着てみました

着用してみました。身長163cmでメンズMサイズを着用しています。インナーなので、上に重ね着することも考えジャストサイズを選んでみました。寒い時期は長袖のインナーを着ても大丈夫そうなサイズ感です。

バイカラーなので、インナー1枚着てるだけでもコーデが完成する所がいいですね!

そしてやはり暖かいです。薄く入った中綿も気持ちよく、これはこれから寒くなるシーズンにはおすすめです。

今まで寒い時期のキャンプでは、ロングTシャツの上にフリースを重ね、さらにアウターを着ていました。このインナーなら1枚でも暖かいので、この上にアウターを重ねるだけでも暖かく過ごせそうです。

商品詳細

商品名:ファイバーレイヤー裏アルミクルーネック
商品コード:21202
サイズ:M/L/LL/3L
カラー:ブラック×ベージュ、ブラック×チャコール、ブラック×ブラック、ブラック×オリーブ、ブラック×ネイビー
価格:1,900円(税込)

ファイバーレイヤー裏アルミクルーネック

今回は寒い時期にぴったりな「ファイバーレイヤー裏アルミクルーネック」をご紹介しました。

一度着ると寒い日には手放せない裏アルミ。アウトドアでもおうち時間でも着てみてくださいね。

ワークマン店舗、ワークマンオンラインストアで発売中です!

動きやすくてシンプルなシルエットが魅力|TRICO-TECH(トリコテック) ACTIVE(アクティブ)パンツ
サリー
2021/10/05 00:00

こんにちは、ワークマンアンバサダーのサリーです。毎週家族でキャンプに出撃し、キャンプ情報やワークマン商品レビューを「ちょっとキャンプ行ってくる。」というブログYouTubeでご紹介しています。

今回ご紹介するのはTRICO-TECH(トリコテック) ACTIVE(アクティブ)パンツです。

・スリムなシルエットなのにストレッチが効いて動きやすい
・ポケットがあり実用性があるのにシンプルなデザイン

リピーターも続出のお仕事にもアウトドアにもタウン使いにもぴったりなパンツです。では詳しくご紹介します。

トリコテックアクティブパンツとは?

今回ご紹介するのはこちらのパンツです。シュッとした細身のシルエットに、サイドのさりげないポケットがアクセントのアクティブパンツ。

素材はワークマンが独自に開発したTRICO-TECH(トリコテック)という、全方向最大約140%のストレッチ性とキックバック性(=伸縮回復率) がある生地です。

通常ストレッチするためには、ポリウレタンという素材が使われますが、経年劣化しやすく、復元性も低いです。そのデメリットを補っているのがこのトリコテックという素材です。

ウエストは伸びて履きやすいゴム。さらにベルトが付属しているので、ジャストサイズに調節できます。

ワークマンのパンツはサイドポケットが付いているデザインが多いのですが、このように表面にポケット部分が飛び出ない形のものは珍しいです。圧着テープがアクセントになっています。

カーゴパンツのようにワーク感が少ないので、タウンでも着やすいデザインです。ファスナー付きなのでスマホなどを入れるにも便利。

腰部分にももちろんポケットがあります。お尻部分にも二か所付いています。

生地自体が全方向にストレッチするのはもちろんですが、膝部分も3Dカットになっており、曲げ伸ばしが楽になっています。

トリコテックアクティブパンツを着用してみました

さっそくキャンプでTRICO-TECH(トリコテック) ACTIVE(アクティブ)パンツを着てみました。

163cmで、メンズSサイズを着用。細身シルエットで、スラリと見えます!
生地感も綿と違い、サラサラとした着用感。綿のパンツは履いているうちに膝が出てしまうことがありますが、トリコテックは復元性があるから長く履いてもラインが崩れることを防いでくれそうです。

膝の曲げ伸ばしの楽々!キャンプだと屈んだりすることも多いので、うれしい機能。

サイドポケットはスマホを入れても、歩く時の妨げになりにくそう。カーゴポケットも目立ちすぎないので、女性でも着やすいですね。

シンプルなので、キャンプはもちろんですが日常使いにもバッチリ。これはヘビロテの予感です!

商品詳細

商品名:TRICO-TECH(トリコテック) FIELD(フィールド)パンツ/ACTIVE(アクティブ)パンツ
商品番号:TT002
サイズ:S/M/L/LL/3L/4L
カラー:キャメル(フィールド)・Dグリーン(フィールド)・ネイビー(アクティブ)・ブラック(アクティブ)
価格:1,900円(税込)
※ベージュとDグリーンは、デザインが異なるフィールドパンツとなっております。

ワークでも街でも使える万能パンツ

今回はワークマン独自の生地「トリコテック」を使用したパンツをご紹介しました。

ワークマンオンラインストアのレビューを見ていると、「作業だけではなく普段着にもいいのでもう1着買いました!」と好評を頂くこのパンツ。

ワークはもちろん、アウトドアやタウンユースにもぴったりですので、ワークマン店舗・ワークマンオンラインストアでぜひチェックしてみてくださいね。

街でもアウトドアでも!MINOTECH+(ミノテック)耐久撥水アーバンシェルジャケット
サリー
2021/10/01 00:00

こんにちは、ワークマンアンバサダーのサリーです。毎週家族でキャンプに出撃し、キャンプ情報やワークマン商品レビューを「ちょっとキャンプ行ってくる。」というブログYouTubeでご紹介しています。

今回ご紹介するのはMINOTECH®+(ミノテック)耐久撥水アーバンシェルジャケットです。

肌寒い季節にちょっと1枚羽織りたい、という時にぴったりなシェルジャケット。撥水機能もあり、見た目はアウトドアでもタウンユースでも使いやすいデザイン。では詳しく紹介していきます!

アーバンシェルジャケットの外観チェック

こちらが「MINOTECH®+(ミノテック)耐久撥水アーバンシェルジャケット」です。こちらのカラーはヘザーオリーブ。他にブラック・ブラウン・サンドベージュと秋らしいカラーラインナップとなっています。

ワークマンからは様々なジャケットが発売されていますが、こちらは「アーバン(都会的な)」と名が付く通り、生地感がスポーツ的なシャカシャカ感ではなく、少し張りがあり街でも着やすい雰囲気が一番の特徴です。

襟部分は、上までファスナーを閉めると少し立ち上がり、ラインがとてもきれいです。フード横のコードで、フードサイズの調節もできます。

胸元にはファスナーポケット付き。鍵などの貴重品を入れても落とす心配がなく安心です。

両サイドにもポケット付き。シンプルさを損なわないデザインになっています。

裾部分にもコードがあり、こちらで裾を調整できます。パンツの時は広げたままで、スカートに合わせる時は少し裾を萎ませるとバランス良くコーディネートできます。

背中と脇には蒸れ防止のため、大きなベンチレーションがあります。梅雨時など湿気が強い時期に効果あり!

背中上半身部分はメッシュで、こちらも蒸れ防止に一役買っています。

MINOTECH®+(ミノテック)とは?

アーバンシェルジャケットには、MINOTECH®+(ミノテック)という素材が使われています。MINOTECH®+(ミノテック)は、高い撥水性を実現したアウター衣料用素材です。

小雨の日など、雨に濡れてしまってもさっと払えます。

耐久撥水性能により、摩擦や汚れにも強く、洗濯しても撥水機能が持続します。

アンバサダーサリーが着てみました

アンバサダーサリー、着用してみました。身長163cmでMサイズでちょうどいいサイズ感でした。

前を開けて着てもいいですし、ファスナーをしっかり閉めてもかっこいい!やはり生地が単色ではなく、微妙に混ざったカラーなので、一般的なシェルジャケットよりも高級感あり、アウトドアはもちろん、街でも着やすそうです。

軽量でかさばらないので、持ち運びが便利なのもうれしいところ。通勤通学時、バッグに入れておけます。

小雨が降ってきても安心なフード付き。ちょっとお天気が怪しい時にこそ、活躍する1枚です。防水のレインウェアと比べて、蒸れを感じないのもいいですね。

商品詳細

商品名:MINOTECH®+(ミノテック)耐久撥水アーバンシェルジャケット
商品番号:S027
サイズ:S/M/L/LL/3L
カラー:サンドベージュ・ブラック・ブラウン・ヘザーオリーブ
価格:2,900円(税込)

アーバンシェルジャケットは秋にぴったり

今回はワークマンの「MINOTECH®+(ミノテック)耐久撥水アーバンシェルジャケット」をご紹介しました。

ちょうど初秋に最適な軽量アウターです。秋らしいダークカラーを揃えていますので、ぜひ秋コーデの主役にしてみてはいかがでしょうか。

ワークマン店舗・ワークマンオンラインストアで販売中です。ぜひご覧ください!

トートバッグとリュックサックの2WAYで使える「撥水2WAYポケッタブルライトトート」
山田耕史
2021/09/29 00:00

機能満載の最進化版トートバッグ

トートバッグというと、どんなアイテムを想像されるでしょうか?最近特に増えたエコバッグの多くもトートバッグですし、ビジネスウェアにレザー素材のトートバッグを持つ人も増えています。そんな数あるトートバッグの中でも、今回ご紹介する「撥水2WAYポケッタブルライトトート」はトートバッグの最進化版とでも言うべき製品に仕上がっています。 まず。パッと見はポケットが沢山あるトートバッグかな、という印象です。

裏返してみるとストラップが2本。つまり、トートバッグとリュックサックの2WAYで使えるバッグなのです。

開口部にはジップが設けられ、中の荷物が飛び出す心配はありませんし、セキュリティの面でも安心感があります。

大容量のジップポケット。生地には撥水加工が施されています。

そして、その脇には内容量によってマチを変えられるストラップが付いています。これがあるとないとでは大違い。特にリュックサックとして使う場合の安定感、そして重さの体感がかなり変わってきます。

ストラップに備えられたベルトも、重さの体感が変わる重要なディティール。

トートバッグの持ち手はベルクロでまとめられるようになっています。

また、リュックサックのストラップの末端は取り外せるようになっています。

ストラップを外してポケットに入れられるので、トートバッグとして持つ時の邪魔にならず、印象もスマート。

そして、ストラップを外すと目につく中央のベルトは、キャリーバッグのハンドルに付けられるようになっています。

内部にはジップ式の内ポケットが。

イラストが地味に嬉しい理由とは?

バッグを畳んで裏返してこの内ポケットに入れられる、パッカブル機能も備えています。

地味に嬉しいのがこのバッグのイラスト。ワークマンにはバッグやウエアなど、パッカブルの製品が数多くあるので、こうやって小さくまとめた状態で保管していると、どれがどの製品なのかわからなくなってしまう事があるんです。そんなとき、こんなイラストがあるとひと目中身が何かわかるので、非常に便利です

カラーバリエーションは3色。

街歩きからアウトドアまで幅広く活躍

ファッション的に使いやすいのはやはりブラック。目立つロゴなどは全くない、シンプルなデザインなので、上品なジャケットスタイルにもマッチします。これからの季節ならば、シャツの上にトラディショナルなツイード素材のテーラードジャケットを羽織って街を散策、というのも良さそうです。

ワークマンx山田耕史「洗えるフュージョンダウン REPAIR TECH シームレスミドルジャケット」に、ワークマンの定番商品である「AERO STRETCHクライミングパンツ」というアクティブなコーディネートなら、ちょっとしたトレッキングにも対応可能。パッカブルなので、秋の行楽のお供にバッグに忍ばせるのにも好都合です。

実用性から生まれた機能美「加工糸カーゴパンツ」
山田耕史
2021/09/28 00:00

実用性から生まれた機能美

ファッションには様々な楽しみ方がありますが、「誰も注目をしていないアイテムに価値を見出す」のもそのひとつ。そして、今回ご紹介する「加工糸カーゴパンツ」も、ファッション的には「誰も注目をしていないアイテム」です。 その理由は製品画像を見れば一目瞭然。最近ワークマンでも増えてきた、洗練されたデザインの製品ではなく、リアルワーカーに向けて実用性と低価格を追求した「ワークマンベスト」ブランドの製品だからです。「加工糸カーゴパンツ」をファッション目的で買って行く人はほとんど存在しないでしょう。

製品を手にとってよく見てみると、実用性重視であるからこそ生まれた機能美が存在していることがよくわかります。

太もも脇に備えられたカーゴポケットは、フラップが開閉しやすいようにやや前方にボタンがあしらわれているのですが、これこそが実用性の追求が生んだデザインと言えるでしょう。

ウエスト部分のベルトループは一般的なパンツと比べて2~3倍くらいの太さ。最近はシャツだけでなく、Tシャツなどの裾をウエストに入れるタックインスタイルが若者の間で人気ですが、この太いベルトループはタックインしたときに良いアクセントになってくれます。

右側のカーゴポケットには「WM BEST」のタブが。この他にはロゴやカラーステッチなどの実用性とは無関係のデザインは盛り込まれておらず、全体的には非常にシンプルな印象です。

ゆったりとしたストレートシルエット。癖がないので様々な服と合わせられます。

トラディショナルなシャツにも合わせられる清潔感

加工糸カーゴパンツ」にはポリエステル100%の生地が用いられていますが、実用性重視でシワになりにくいので、意外と清潔感もあります。ですので、こちらのように上品なチェック柄のシャツとの相性も良好。2色の細い格子柄のタッタソールチェック柄は、18世紀に馬市で馬にかけられた毛布が由来となっている、伝統的な柄。「加工糸カーゴパンツ」はそういったトラディショナルな服にも馴染みます。

また、極限状態である戦場もカーゴパンツが活躍した場所のひとつ。迷彩柄のミリタリージャケットとの相性は抜群です。インナーのTシャツはワークマンの「ヘビーウエイトコットン オーバーサイズ長袖Tシャツ」です。コットン100%の肉厚な生地はミリタリーアイテムやワークアイテムとの親和性が高く、秋冬のインナーとして大活躍してくれるでしょう。

雨の外出に頼れるリュック。イージス防水メッセンジャーバッグ
サリー
2021/09/06 00:00

こんにちは、ワークマンアンバサダーのサリーです。毎週家族でキャンプに出撃し、キャンプ情報やワークマン商品レビューを「ちょっとキャンプ行ってくる。」というブログYouTubeでご紹介しています。

今回ご紹介するのは雨でも安心!防水メッセンジャーバッグです。

防水メッセンジャーバッグをチェック!

こちらが「イージス防水メッセンジャーバッグ」です。ワークマンから発売されているリュックの中では、容量が大きい部類となります。

カラーは4色ありますが、今回はパープルでご紹介します。

まずはメインの収納部分から見ていきましょう。上部のバックルを開けると、ガバッと口が大きく開き、こちらに大量の荷物を入れることができます。その容量なんと30リットル!

このメインの収納部分は防水になっておりますので、濡らしたくない衣類や電子機器などを安心して入れられます。

また、サイドに大きなファスナーがあり、こちらにも荷物を収納できます。こちらの方が荷物へのアクセスはしやすいです。

指で触っている部分は、メイン収納スペース。メインは防水となっていますが、このサイドの部分は防水ではありません。本当に濡らしたくないものはメイン部分を使うのがおすすめです。

サイドには大きなポケットも。書類やノートパソコンケースなどを収納できます。ここも防水ではありませんが、メインの防水生地と背中の間に位置しているので、濡れにくい箇所になります。

さらに前面には大きなポケットも。かぶせる形状なので、ファスナーからの浸水も防げます。

背中部分にはメッシュクッションが採用されており、背中の蒸れを軽減します。チェストベルトも付いています。

アンバサダーサリー使ってみました

実際に背負ってみたのがこちらです。身長163cmです。

横から見ても、かなり荷物が入ることがおわかりかと思います。

雨の日はどうしても傘を差していてもリュックは濡れやすいですが、防水なので安心!もちろん自転車やバイク通勤でレインウェアを着るシーンでも、濡れることを気にせずに荷物を背負うことができます。

私は旧モデルの商品を愛用していましたが、雨の日の保育園通園に本当に重宝しました。子供に傘を傾けて歩いていると、どうしても毎日の通園道具が濡れて困っていたのです。このリュックを使ってからは、暴風雨でも濡れを気にせず、さらに両手が自由になるので子連れでも安心して歩けるようになりました。

これは通勤通学だけでなく、最近多い大雨などの災害時にも役に立つはずです。

雨キャンプでしたので、しばらくリュックを外に放置して確認。

中身が濡れている様子はありませんでした!

商品詳細

商品名:イージス防水メッセンジャーバッグ
商品番号:D002A
容量:約30リットル
サイズ:縦57cm、横33cm、マチ17cm
カラー:ブラック・ブルー・パープル・グレー
価格:2,900円(税込)

雨の日の外出は、防水メッセンジャーバッグで決まり!

今回はワークマンのイージス防水メッセンジャーバッグをご紹介しました。バイクや自転車での外出にはもちろん、雨の日のママバッグ、非常持ち出しバッグとしてもおすすめです。

ワークマン店舗・ワークマンオンラインストアで販売中です。ぜひご覧ください!

軽くて大容量!おでかけにオールマイティーな撥水デイバッグ
サリー
2021/09/01 00:00

こんにちは、ワークマンアンバサダーのサリーです。毎週家族でキャンプに出撃し、キャンプ情報やワークマン商品レビューを「ちょっとキャンプ行ってくる。」というブログYouTubeでご紹介しています。

今回ご紹介するのは軽くて大容量・小雨ならへっちゃらな撥水デイバッグです。

撥水デイバッグの外観をチェック

ころんとした丸みのあるボディの「撥水デイバッグ」。

容量が約20リットルもあるので、通勤通学にはもちろん、ちょっとしたハイキングや1泊旅行にもおすすめです。

ワークマンのアウトドアブランド「FieldCore」のワッペン付き。実はこれ、反射材にもなっているので、雨の日の安全にも一役買っています。

左のベルト部分(写真では右側)にも、反射材のワッペン付きです。
チェストベルトも付いています。

腰部分は蒸れ防止のメッシュも。ベルトにもクッションが入っており、疲れを軽減してくれます。

正面にはA4サイズが楽々と入ってしまう、大型ポケット搭載!しかも止水ファスナーが採用されているので、雨がファスナーから染み込んでこないようになっています。

撥水デイバッグの内部

20リットルというとかなりの荷物が入るのですが、よくあるのが底に収納したものがなかなか見つからない問題。

でもワークマンの撥水デイバッグなら大丈夫!このようにがばっとフルオープンになるのです。これなら奥にしまった物もすぐに取り出せます。

背中部分には、小分けポケットも。ファスナー付きの部分もありますので、小さなものや貴重品を入れておくにも便利です。

雨キャンプで背負ってみました

アンバサダーサリー、雨キャンプの日に背負ってみました。163cm、体に対してちょうどいいかちょっと大きいくらいのサイズ感です。

荷物はしっかり入るけど、妙に大きく見えすぎない感じがいいですね。

中に着替えの衣類を入れてみたのですが、ベルトがしっかりとクッション性があるせいか、肩が痛くなりません。

せっかく撥水機能があるので、雨に少しさらしてみました。

ちょっとわかりづらいですが、雨粒が生地の表面に付いているのがおわかりでしょうか。中の衣類は濡れていませんでした。ちょっとした雨なら弾いてしまいます!

※防水ではありませんので、長時間や大量の雨には浸みてしまいますのでご注意を。

商品詳細

商品名:撥水デイバッグ
商品番号:D001
容量:約20リットル
サイズ:縦45cm、横33cm、マチ16cm
素材:ポリエステル(PVCラミネート)
カラー:ブラック・レッド・迷彩グリーン・迷彩グレー
価格:1,900円(税込)

撥水デイバッグはおでかけにオールマイティー

今回はワークマンの撥水デイバッグをご紹介しました。20リットルと大容量で、通勤通学はもちろん、キャンプやハイキングでも大活躍するリュックです。

ワークマン店舗・ワークマンオンラインストアで販売中です。ぜひご覧ください!