ワークマンオンラインストアブログ

豊富なカラバリでレイヤードコーディネートも楽しめるコンプレッションインナー「クロスワーク立体成型長袖ローネック」
山田耕史
2022/02/25 00:00

アウトドアやスポーツシーンで活きるワークマンの機能

僕がワークマンと出会ったのは、往復40kmの道のりをロードバイクで通勤していた時。冬場に足先が冷えるのを防ぐためのグッズを探していて、インターネットで色々調べて見つけたのが、ワークマンの靴下でした。
屋外での現場作業での足先の冷えを防ぐ為、生地にカプサイシンが練り込まれていた靴下が、僕が初めてワークマンで購入した製品でした。
その靴下と同じように、ワークマンでは現場作業で求められる機能を備えた服が、お手頃な価格で揃えられます。当時、そういったワークマンの機能アイテムは、アウトドアやスポーツなどの、元来の用途である現場作業以外でのシーンで役に立つということが、噂になり始めた頃でした。
今回ご紹介する「クロスワーク立体成型長袖ローネック」も、そんな現場作業で求められる機能を搭載した製品です。

一見シンプルな長袖Tシャツですが…

クロスワーク立体成型長袖ローネック」は、パッと見はシンプルなデザインの長袖Tシャツ。

一般的なクルーネックよりもやや襟の高いローネックである点以外は、普通のTシャツに見えるかもしれません。

しかし、よく見ると脇部分や首下部分の編地が他とは違っています。

そして、「クロスワーク立体成型長袖ローネック」の機能が最もわかりやすいのが、背面です。

肩甲骨の間あたりに、生地が大きなクロス字を描いています。

これはワークマン独自のたすきがけ設計。クロス部分に引っ張られることで、姿勢がサポートされます。つまり、「クロスワーク立体成型長袖ローネック」はいわゆるコンプレッションウェア。クロス字以外の編地が変わっている部分も、姿勢の制御をサポートしてくれるディティールです。

コンプレッションインナーでレイヤードコーディネートを楽しむ

紫外線をカットする加工が施されているので、現場作業だけでなく上記イメージ画像のようにスポーツウェアとしても活用可能。
ですが、「クロスワーク立体成型長袖ローネック」の活躍の場はそれだけに留まりません。
例えば、ワークマンx山田耕史共同開発2022年春夏新製品「リペアテック超軽量M65タイプジャケット」に合わせれば、現場作業だけでなくタウンユースとしても十分着用可能なカジュアルスタイルの出来上がり。

もっと意外性のあるアイテムとして、キレイ目な印象のシャツのインナーとして着用するのも良さそうです。「クロスワーク立体成型長袖ローネック」はピシッとした姿勢に正してくれるので、上品なシャツスタイルと好相性。合わせているパンツはこちらもワークマンx山田耕史共同開発「超撥水シェフパンツ」。2022年春夏の新色です。

クロスワーク立体成型長袖ローネック」のカラーバリエーションは今回ご紹介したシロの他、チャコール、クロ、アカ、オレンジ、グリーン、コン、アオの8色展開。価格は980円(税込)。色違いで購入し、色合わせを考えて、レイヤードコーディネートを楽しむのも一興です。

ワークマンの隠れた名作「マルチケース」
山田耕史
2022/02/08 00:00

名作が多いワークマンのミニバッグ

実は隠れた名作が多数存在するワークマンのミニバッグ。今回ご紹介する「マルチケース」も、そのひとつに挙げられる製品です。

本体は縦約18cm、横約14cmと、バッグとしてはかなり小ぶりです。

耐久性の高さに定評があり、ミリタリーギアやアウトドアアイテムなどの高い機能性が求められるアイテムにも採用される、コーデュラ社製の生地が使用されています。

フラップはスナップボタン式。

スナップボタンを開くと、多数のポケットがお目見えします。

一番下には大容量のジップ式ポケット。メッシュ生地が用いられ、内容物の様子がよくわかります。例えば、この「マルチケース」を財布代わりに使う場合は小銭を入れるのに最適です。

その上にはもうひとつのメッシュポケットと、カードポケットが4つ。そして、更にその上には鍵などの貴重品を入れても安心なジップポケット、そして大型のスマートフォンも入れられる大きめのポケット。

裏面にはジップポケット。そして、長さが調節可能なストラップは取り外しすることもできるので、様々なアレンジが可能です。

シンプルデザインだからどんな服にも合う

こういった機能性の高いミニバッグは切り替え配色デザインや、ロゴが入っていることが多く、合わせられる服が限定されがちですが、「マルチケース」は無地の非常にシンプルなデザイン。ですので、幅広いテイストの服に合わせられます。
まずは、人気のスウェットパーカにTシャツという、性別も年齢も問わず、どんな人にも似合う王道のカジュアルコーディネートです。

マルチケース」は違和感なく馴染みます。

ちょっと特徴のある、変化球コーディネートにも十分対応可能。チャイナシャツのような、個性的なアイテムを使ったコーディネートにもマッチします。

スウェットパーカ、チャイナシャツの両方のインナーにはワークマンの「ヘビーウエイトコットン オーバーサイズ長袖Tシャツ」のホワイト。こちらも「マルチケース」同様シンプルなデザインで、老若男女問わず誰にでも似合います。

目的に合わせて複数買いできる980円

マルチケース」は今回ご紹介したカーキの他、ブラックとブラウンという、いずれも落ち着きがあるカラーバリエーション。カジュアルアイテムだけでなく、ジャケットなどのキレイ目アイテムとの相性も良好。普段使いだけでなく、旅行やフェスなど、様々なシーンで活躍してくれるでしょう。

目的に合わせて複数買いも可能な980円(税込)というリーズナブルプライスも見逃せません

どんな服でも上品な印象に「エクストラファインメリノ クルーネックセーター」
山田耕史
2022/02/04 00:00

高品質のエクストラファインメリノウールを70%使用

以前当ブログでご紹介した「メリノウール 長袖丸首シャツ」。今も毎日のようにインナーとして着用しており、僕にとって手放せないアイテムになりました。 今回はそんな「メリノウール 長袖丸首シャツ」と同じ、メリノウールを使用した「エクストラファインメリノ クルーネックセーター」をご紹介します。

インナー、つまり肌着が主な用途である「メリノウール 長袖丸首シャツ」とは違い、「エクストラファインメリノ クルーネックセーター」はその下にTシャツやシャツを着用することを想定されているので、「メリノウール 長袖丸首シャツ」に比べるとややゆとりのあるシルエット。

エクストラファインメリノ クルーネックセーター」の最大の魅力はなんと言ってもその上品な印象。その最大の要因は、繊維の細さが19.5ミクロン以下の高品質のエクストラファインメリノウールが70%使用されていることによる、繊細な生地の表情でしょう。

ネックは最もベーシックで、幅広い服と合わせられるクルーネック。

袖口と裾にはリブが配されています。

どんな服でも上品な印象に

まだ寒さが続く今の季節ならば、やはり「エクストラファインメリノ クルーネックセーター」はインナーとして活躍してくれるでしょう。前述の通り、上品な印象なので、武骨なイメージの強い迷彩柄のミリタリーアウターに合わせると、ミリタリーアウターのワイルドな表情を中和して、大人も違和感なく着られるカジュアルスタイルに仕上げてくれます。

合わせているパンツはこちらも以前も当ブログでご紹介した「WM Bizz 裏綿ストレッチマルチスラックス」。機能性とリーズナブルプライスを極限まで追求したガチワークアイテムながら、シンプルなデザインが魅力で、ミリタリージャケットのようなカジュアルアイテムとのコンビネーションも良好です。

もう少し暖かくなってきてアウターが必要なくなると、このような明るい色のシャツを下に合わせ、春気分が満喫できるコーディネートも楽しめるようになるでしょう。クルーネックのニットにボタンダウンシャツ、そしてチノパンツはいずれもトラッドアイテムとして相性が抜群。この上からアウターを羽織って、今から春気分を先取りするのもいいですね。

滑らかな肌触りも魅力

エクストラファインメリノ クルーネックセーター」は今回ご紹介した杢グレーの他、オフホワイト、ブラック、キャメル、杢ネイビーの全5色展開。1,900円(税込)というリーズナブルプライスからは想像できない、滑らかな肌触りも魅力です