ワークマンオン公式ラインストアブログ

エアロストレッチアルティメットフーデッドパーカー
かずひ
2023/12/01 00:00

こんにちは、ワークマン公式アンバサダーのかずひです。年間300着以上の全身ワークマンコーデをSNS【 インスタアイコン kazuhi.ch & Youtube】で発信しています!おしゃれで機能的でコスパに優れたアイテムが大好きです!

どんなアイテム?

今回ご紹介するのはエアロストレッチアルティメットフーデッドパーカーの新色です。セーターのようなノルディックレッドという柄で、アウターっぽくないスタイリングをすることができるアイテムだと思います。エアロストレッチアルティメットシリーズはもともと作りがかなり細身なので、アウターっぽく着てしまうとどうしても細さが気になってしまうので、パーカーと同じような感覚で着てあげるとしっくりくるかもしれません。

エアロストレッチアルティメットフーデッドパーカー自体は毎年毎年少しずつアップデートを続けている人気商品です。

商品の特徴

こちらの商品の1番の特徴は凹凸のパターンです。縫い目のないシームレスな溶着加工により、冷気の侵入を防ぐ役割を果たしています。登場当初は「着る寝袋」というコピーがついていました。

機能面の紹介

裏アルミ

数年前まではシルバーアルミだったので、裏が目立ちすぎていたのですが、それが今ではブラックアルミに進化しました。機能性もアップしつつ、見た目も向上しています。これのおかげで本当に暑いくらいです。

マシュマロフリース

こちらは数年前からのアップデートになりますが、肌が当たりやすい部分については、マシュマロフリースが貼られているため、肌触りがとてもよく、暖かく感じます。手首もゴムがしっかりと聞いているので、冷気の侵入を防いでくれ、さらには肌触りのよい生地が使われています。

ジップ

アクティブファスナーと呼ばれる作りになっているので、風が入りづらいだけでなく、開ける時もスッと開けることができるので快適です。

ファイバーボール

中綿はシームレスファイバーボールを使用。機能性中綿ではないものの、保温性を確保してくれます。凸凹の構造により、中綿の偏りがないので、見た目以上に肉厚感があります。

ストレッチ

こちらの商品の大きな特徴でもあるのがストレッチ性です。シルエットが細くても、130%の伸縮性があるからこそ、快適に着用することができます。

防風

アルティメットたる所以のもう一つは、こちらの防風機能にあります。いくら暖かくても、風が通ってしまっては、冷気が侵入してしまいます。ダウンジャケットなどは、縫い目から空気が入ってくることがありますが、こちらは特殊な加工がされているので、優れた防風効果があります。

ベンチレーション

先ほどの防風とは相反する内容ですが、こちらのアイテムはベンチレーション機能もしっかりとついています。これにより、体温が上昇して、暑くなった時に、汗をかく前に衣服内の暖かい空気を外に逃すことで、体温調整をすることができます。着てみるとすぐわかりますが、こちら着用してみると本当に汗をかくほど熱くなるので、このベンチレーションは意外と重宝するギミックとなっています。

ポケット

今では定番になった大型の内ポケット、通称ムービングポケットですが、アルティメットにはかなり初期から搭載されていました。こちらは500mlペットボトルが2本入るほどの大容量です。

これぞワークマンという定番の人気アイテムです。スッキリ見えて、機能性バツグンの″究極″アウターで寒い冬を乗り切りましょう!

今までありそうでなかったアイテム「コーデュロイモック」
かずひ
2023/11/27 00:00

こんにちは、ワークマン公式アンバサダーのかずひです。年間300着以上の全身ワークマンコーデをSNS【 インスタアイコン kazuhi.ch & Youtube】で発信しています!おしゃれで機能的でコスパに優れたアイテムが大好きです!

どんなアイテム?

今回ご紹介するのはコーデュロイモックシューズです!今までありそうでなかったアイテムです!モックシューズ自体は人気で、定番アイテムとして毎年発売されていましたが、今回、ミドルカットくらいの高さのシンプルな、しかもコーデュロイ地のアイテムとして発売されました。

商品の特徴

デザインとしては前述の通り非常にシンプルなデザインとなっており、過度な素材の切り返しや、マークなどはなく、プレーンなブーツのような見た目となっています。ソールなどはかなり大人気アイテムの防寒ブーツケベックに似ており、ケベックが長めのブーツなところを、短くして履きやすくしたイメージとなります。ただ、ケベックは横に縫い目が入っているだけですが、こちらは格子状になっています。

ソールはトレッドモックに近く、全面がグリップの効く素材なわけではなく、つま先とかかと部分がゴムっぽい素材となっています。

こちらのアイテムは紐はなく、足の甲の上あたりに、コードがついているので、これを引っ張ることで締めることができます。ただ、そこまで絞らなくてはいけないシーンは多くはないと思うので、あくまでおまけかな、とは思います。

インソールには残念ながら抗菌防臭加工インソール「DEOPUT」(デオプット)は入っておりません。この辺りはやはり上位アイテムに軍配が上がります。

機能面の紹介

4cm防水

最近のワークマンの防水シューズの機能性がどんどん上がっており、これが付いていても驚かなくなってきてしまっているのが怖いですが、当たり前のように4cm防水がついています。4cmあれば大抵の水たまりは問題なく歩くことができます。

SplaTECH(スプラテック)

さらに、コーデュロイの記事でありながら表面は耐久撥水加工SplaTECH(スプラテック)を施してあるため、水をしっかりと弾いてくれます。耐久撥水なので、撥水性能が落ちません。コーデュロイの見た目でしっかり水だけではなく泥汚れも弾いてくれるのはアウトドアなどでも非常に嬉しい機能となっています。

XEROGEL(ゼロゲル)

3M社のエコ中綿を使用しているので、寒い冬に着用したとしても保温性が高くなっています。ソールもケベックと同じくらいの厚みがあるので、地面からの底冷えもしづらい作りとなっています。

コーデ

黒の場合は遠目でみると、ほぼ真っ黒なので、意外とどんなコーディネートにも合わせることができます。ボトムスとしては、黒、ベージュ、カーキと様々なカラーと相性がいいので、非常に使い勝手がよいと思います。スニーカーというよりはブーツに近い見た目なので、足元にどっしり存在感を感じさせることができるので使いやすいです。

大人気商品のケベックが街でもさらに履きやすいデザインに変化した、と考えて良いアイテムで、お値段据え置きの2500円は嬉しすぎます。すでにケベックをお持ちの方でも、買い足しをお勧めできる一足となっています。

「ダイヤフリース裏アルミジャケット」を実際にキャンプで着用して試してみました。
山田耕史
2023/11/20 00:00

ほわっほわで暖かなフリースジャケット

急にやって来た寒波。
慌てて冬服を用意している方も少なくないと思います。
今回ご紹介するワークマン「ダイヤフリース裏アルミジャケット」は、これから更に冷えこむであろう冬の必需品となりそうな一着です。

まず目を引くのは、ほわっほわなフリース生地。見るだけで暖かそうですが、もちろん実際に着てもとっても暖かです。

胸部分にはナイロン生地で切り替えられた、ジップポケット。スマートフォンなどの貴重品を入れるのにぴったりです。

ポケットとフロントのジップは手袋をしていても開閉しやすい仕様。

脇部分の左右にも手を突っ込めるポケット。更に、ボディ側面はストレッチ性の高い生地で切り替えられており、運動性が高められています。

アルミプリントで更に暖か

裏地背面には、遠赤外線を放射して保温性を高めるアルミプリントが施されています。寒い冬の現場で愛用されているガチワークウェアのアウターでも用いられている加工なので、その暖かさは折り紙付き。

脇ポケットの袋布の部分は、内ポケットとしても活用できるようになっています。

キャンプで実際に着用してみました!

このブログでは毎回2種類のコーディネートを提案していますが、今回はちょっと趣向を変え、11月初旬にキャンプに行ったときに「ダイヤフリース裏アルミジャケット」を着用してみました。 今回訪れたのは、千葉県にある廃校をそのまま活用したキャンプ場。

遊具が残されており遊べるようになっているので、子供たちは大喜び。校内でもいくつか教室で遊べるようになっており、例えば音楽室では太鼓やピアノなどが自由に弾けるようになっています。テントサイトは校庭です。

我が家のテントと同行した友人家族に貸したテント、そしてタープやチェアなどはもちろんワークマンのもの。

僕がキャンプのときの服選びで最も重視するのはこの2つ。
「軽くて動きやすい」
「汚れが気にならない」
ということで、この日着ていたのはワークマン「ダイヤフリース裏アルミジャケット」、古着のカレッジTシャツ、そしてワークマンx山田耕史「M47タイプユーティリティカーゴパンツ」です。

この日は昼間は夏のような強い日差しだったので、トップスはTシャツ一枚。「M47タイプユーティリティカーゴパンツ」の裾を折り返し、クロップド丈にして暑さを凌ぎました。

とはいえ、やはり日が暮れると肌寒くなってきました。そんなときに「ダイヤフリース裏アルミジャケット」はぴったり。この日はTシャツと「ダイヤフリース裏アルミジャケット」だけで寝袋で眠りましたが、とても快適でした。ちなみに、ワークマンの焚き火台でつくったアヒージョはめちゃウマでした。

ちょっと落ち着いたアクティブカジュアルコーディネート

今回のキャンプでは実用性をかなり重視しましたが、普段の週末の公園遊びなんかでは、もっと落ち着いた雰囲気でも良さそうです。

チェック柄のシャツにネイビーのコーデュロイパンツという、落ち着きのあるカジュアルアイテムにもマッチ。「ダイヤフリース裏アルミジャケット」はミドラーとしても活躍するので、この上から防風性のあるシェルを羽織れば、さらなる寒さにも対応可能です。

ダイヤフリース裏アルミジャケット」は全部で6色展開。

キッズでも【WEB限定】ダイヤフリース裏アルミジャケットジュニア展開されているので、リンクコーデも可能です。

こんなにカッコイイのに、機能が満載。「M47タイプユーティリティカーゴパンツ」
山田耕史
2023/10/30 00:00

いきなりヘビロテの秋冬新製品

永遠に続くかとさえ思えた暑い暑い夏が終わり、すっかり秋になり、僕の部屋着も短パンから長ズボンになりました。
そんな今、僕が毎日穿いているのがワークマンx山田耕史共同開発「M47タイプユーティリティカーゴパンツ」です。

M47タイプユーティリティカーゴパンツ」をシンプルに表現すると「カッコよくて、機能的」。ではどんなところが「カッコよくて、機能的」なのか。順を追ってご紹介します。

ファッション性と機能性を兼ね揃えた生地

毎日穿いている僕が、「M47タイプユーティリティカーゴパンツ」の一番魅力的だと感じるのが、生地です。シワ感がありながらもハリもあるナイロン100%の生地は、ファッション性が高い上に、軽く、しかも撥水、撥油、防汚機能も備えています。

好みのフィット感が選べるウエスト

ウエストにはベルトループ、そして内側にはドローストリング。

側面にはアジャスターベルトも備えられており、好みのフィット感を選べます。ちなみに僕は主にこの側面のアジャスターベルトを使っていますが、今のところずり下がったりすることはありません。

ポケットの数は全部で10個

収納力も充分。カーゴパンツの象徴とも言える、側面のカーゴポケット。

その内側には、スマートフォンやペットボトルを入れたりするのにぴったりなメッシュ素材の内ポケットが設けられています。

また、ウエスト部分にはスナップボタン付きのフラップポケットと側面のスラッシュポケット、そして後面にもフラップポケットが設けられているので、ポケットの数は全部で10個という収納力の高さを誇ります。

更に、裾の内側にはドローストリングがあり、裾を絞れるようになっています。

ファッション的な用途だけではなく、ジョギングをするときや自転車にのるとき、そしてワークマンのウエア本来の目的であるワークのときなどに、裾がひっかかったりする危険性を低減させます。

イマドキなルーズシルエット

そして、現在トレンドのルーズシルエットも「M47タイプユーティリティカーゴパンツ」の特徴。カーゴパンツ自体が今のトレンドアイテムなので、「M47タイプユーティリティカーゴパンツ」に「普通の服」に合わせるだけで、イマドキな雰囲気になってくれます。

機能のことなんて全部忘れて、単なるファッションアイテムとして着用しても良いレベルのファッション性の高さだと思います。SからLLの4サイズ展開で、幅広い体型、ファッションスタイルの人が着用可能です。

上品に?ワイルドに?ファッション×機能のキャンプコーデ

僕は日常着として「M47タイプユーティリティカーゴパンツ」を着用していますが、是非とも活用したいと思っているのはアウトドアシーン。軽くてゆったりとしたシルエットなので動きやすく、汚れも気にならないので、キャンプのときにぴったりです。
これからの季節は夜が冷えるようになるので、アウターにはワークマンx山田耕史「フレイムテックマウンテンザックライトウォームレイン」。火の粉に強いフレイムテック加工が施されているので、焚き火やキャンプファイヤーのときも安心です。

インナーにはブラックウォッチ柄のシャツに、自然を感じさせるバード柄のネクタイを合わせてちょっとお上品にしてみました。生地の質感が良い「M47タイプユーティリティカーゴパンツ」は、こういったキレイ目なアイテムにもマッチします。

また、こんなクールな雰囲気のコーディネートにも、実はアウトドアで快適な機能が満載されています。

ロックっぽいインパクトのあるプリントTシャツの上に羽織っているのは、ワークマンx山田耕史「グリーンテックウォーミーデニムジャンパー」。ワークマン初のGジャンは、サスティナブルな素材が用いられている上に、火の粉に強い加工が施されているので、こちらもキャンプにぴったり。

M47タイプユーティリティカーゴパンツ」はブラック、サンド、ダークグリーンの3色展開。1,900円で発売中なので、是非チェックしてみて下さい。

女性のための「シン家事服」が新登場!レディースホームギアドレス
サリー
2023/10/11 00:00

こんにちは、ワークマン社外取締役のサリーです。毎週家族でキャンプに出撃し、キャンプ情報やワークマン商品レビューを「ちょっとキャンプ行ってくる。」というブログYouTubeでご紹介しています。

今回ご紹介するのは、ワークマンの2023秋冬の新作「レディースホームギアドレス」2,900円です。

多機能な上に家事や庭仕事でもおしゃれに着られるワンピースです。

では詳しくどうぞ!

レディースホームギアドレスとは

こちらのレディースホームギアドレスは撥水加工されているため水回りの家事用エプロン、ガーデニング、庭の手入れ、ペットの散歩など様々なシーンで活躍するウェアです。

もちろんちょっとした近所のおでかけにも使えるデザイン性も兼ね備えています。

大きめシルエットなので、インナーを変えれば1年中着られるウェアです。

そして左右の大きなポケットは収納力抜群。様々な用途に活用できそう!

そしてもう一つ特徴的なのが取り外し可能なムービングポケット。

前に付けたり、横に付けたり・・・

後ろにも付け替えOK!

360度どこにでも付け替え可能ですので、用途やシーンに合わせられます。

必要ないときなどは、もちろん取り外しも可能です。

実際の着用シーン

実際に着用してみました。身長163cmでMサイズを着用しています。

重ね着を前提としているので、かなり大きめなシルエットです。

もちろんそのままで着ても良いですが、こちらのドローコードでシルエットを変えることもできます。

絞ってスタイルをスッキリさせてみました。

スリットもあるので、スカートやパンツをチラ見せして重ね着スタイルも楽しめます。

後ろ姿です。実はこちらの丸襟を前に着ても大丈夫な2WAY仕様になっています。

商品詳細

商品名:レディースホームギアドレス
商品番号:LA937
管理番号:44937
サイズ:M、L
カラー:ブラック、ブラウン
価格:2,900円(税込)

家事仕事やガーデニングなど家事服にもときめきを!

今回はワークマンの「レディースホームギアドレス」をご紹介しました。

日常の家事やガーデニングが楽に、そして楽しくなる1着ではないでしょうか。

一年中着用可能な着回し抜群で機能的な家事服をお探しの方は、ぜひワークマン女子店舗&ワークマンオンラインでチェックしてみてください。

コットンの柔らかい生地なのに防水!?FLAME-TECH(R)(フレイムテック)マウンテンザックレインパーカー
サリー
2023/10/05 00:00

こんにちは、ワークマン社外取締役のサリーです。毎週家族でキャンプに出撃し、キャンプ情報やワークマン商品レビューを「ちょっとキャンプ行ってくる。」というブログYouTubeでご紹介しています。

今回ご紹介するのは、ワークマンの「FLAME-TECH(R)(フレイムテック)マウンテンザックレインパーカー」4,900円です。

日常のアウターとしても、アウトドアにもピッタリ。綿素材なのに防水機能、さらに火の粉による穴が燃え広がりにくい加工で、焚火にも相性がいいジャケットです。

では詳しくどうぞ!

FLAME-TECH(R)(フレイムテック)マウンテンザックレインパーカーとは

「アウトドアシーンでも日常でも機能的なアウターが欲しい」という方におすすめしたいのが、こちらが「FLAME-TECH(R)(フレイムテック)マウンテンザックレインパーカー」です。

男女兼用でも着られるユニセックス商品なので、夫婦・カップルで着まわせます。サイズはS・M・L・LL・3Lの展開です。

明るめカラーバリエーションで、こちらのグレージュの他に、サックス、ブラック、オレンジがあります。

防水加工がされており、耐水圧10000mm、透湿度(表地)20000g/m2/24hrsとしっかり水を防ぎ蒸れにくいです。

さらに防融(火の粉による穴が燃え広がりにくい)加工がされているので、焚火やバーベキューにも安心して着用できます。

表面の生地は綿100%。レインウェアにありがちなシャカシャカ感がなく、ナチュラルな雰囲気です。

表側は綿素材ですが、裏側は水を通さないように加工してあります。しっかりと水の侵入を防いでくれます。

ボタンもデザインに合っていておしゃれ。

FLAME TECH®という火の粉による穴が燃え広がりにくい加工で焚き火も安心して楽しめます。

襟元もしっかりとガード。首元の紐もかわいい。

そして特徴的なのが背中にある大容量ポケット。

耐荷重15kgの大容量バッグはもはやカバンいらず。

大容量ポケットは上からも横からもアクセスできます。

リュックのように荷物を入れておでかけができてしまいます。

実際の着用シーン

実際に着用してみました。身長163cmでメンズMサイズを着用しています。

まず生地が綿ということもあり、ナチュラルでとてもレインウェアのように見えないので、雨の日以外も着たくなるデザインです。

たくさんのポケットは便利なだけでなく、おしゃれなデザインに一役買っています。

フードも長めで、雨もしっかりと防いでくれそうです。

背中の大容量ポケットにこちらのフリースを実際に入れてみます。

公園で子供の着替えなどを入れて両手を使いたい時などにも便利です。

実際に入れてみました(わかりやすいように、あえて横から少しはみ出しています)。大容量なのでまだまだ余裕あり!

見た目は中でリュックをしょっているように見えますね。意外と自然に使えます。

商品詳細

商品名:FLAME-TECH(R)(フレイムテック)マウンテンザックレインパーカー
商品番号:FLR002
管理番号:67639
サイズ:S、M、L、LL、3L
カラー:サックス、ブラック、グレージュ、オレンジ
価格:4,900円(税込)

キャンプのアウターは防水&防融のマウンテンザックレインパーカーで決まり!

今回はワークマンの「FLAME-TECH(R)(フレイムテック)マウンテンザックレインパーカー」をご紹介しました。

明るめのデザインで普段使いもできて、防水&防融加工でキャンプでも活躍すること間違いなしです。

ぜひワークマン店舗&ワークマンオンラインでチェックしてみてください。

燃え広がりにくいキャンピングベンチ
かずひ
2023/09/13 00:00

こんにちは、ワークマン公式アンバサダーのかずひです。年間300着以上の全身ワークマンコーデをSNS【 インスタアイコン kazuhi.ch & Youtube】で発信しています!おしゃれで機能的でコスパに優れたアイテムが大好きです!

どんなアイテム?

今回ご紹介するのはコスパと機能性で大人気のワークマンのキャンプギア、燃え広がりにくいキャンピングベンチのご紹介です!今までのワークマンのキャンピングチェアは骨組みを組み立てるタイプのものと、4つの脚を放射状に開くタイプのものだけでしたが、今回初めて折りたたみ式のものが登場しました。僕は同様の形状のアイテムはオ〇ウェーのローチェアを持っていますが、果たして本格チェアと比較してどのくらいの実力なのか見ていきたいと思います。

商品の特徴

燃え広がりにくいキャンピングベンチのスペックから見ていきましょう。サイズは幅532×奥行609×高さ720mm、そして座面高は331mm。耐荷重は100kg(静荷重)となっています。

アルミをフレームに使用しているので、非常に軽く、持ち運びしやすい折りたたみ式のベンチです。なんといっても、フレームには木目調のプリントが施されているので、非常に高見えアイテムです。

さらに、ひじかけにはブナ材が使用されているので、なかなか滑らかな手触りで好印象です。

座面のシートは難燃素材が使われているので、焚火の側で使っても穴が空く確率が低くなるので、かなり安心して使うことができます。

ストッパーもちゃんと付いているので、グラグラすることもなく、誤って畳まれてしまうこともありません。

地味にいいな、と思ったのが、畳んだ時の持ち手です。こういうちょっとした工夫が、持ち運びのしやすさにつながっていますし、荷物を運ぶことが多いキャンプにおけるストレスを一つ減らしてくれます。

さらに、この畳んだ状態に無駄がなく、かなりフラットに近い状態に折りたたむことができます。このメリットは、車に平置きで積むときに、フラットではないと重ねたときに隙間が生じてしまい、かさばってしまうことを防ぐことができます。フレームの構造に無駄がないと言えると思います。

座面がかなりしっかりと作られているので、座ったときの嫌な沈み込みはなく、硬すぎず座りやすい作りとなっています。かなり座り心地はいい部類になるのではないでしょうか?ベンチタイプの椅子は沈み込むような座り心地より、適度な硬さとテンションがあったほうが立ったり座ったりしやすいと思いました。

ただ、このテンションのせいで一つだけ残念な点(というほどでもないけど)が、ハリが良すぎて、振動を与えたときや、座った時などに、和太鼓のような「ドォン!!!」という景気の良い音がなってしまうことです。本当にそれにしか聞こえないくらいなのですが、一度気になると、耳から離れなくなってしまいます。これは困った。

こんなしっかりとしたフレームの作り、座面、そして燃え広がりにくい素材感などを備えて、5800円という価格は本当にびっくりです。足回りの堅牢性は価格にもろに出る部分なのですが、その辺りは全く妥協がないな、という印象を受けました。

キャンプの時の、より快適な座り心地や使いやすさをお求めの方にはピッタリのキャンピングベンチだと思いますし、デザイン的にも様々なスタイルにフィットするかと思います!

ワークマンでレディースの超定番パンツはこれ!WEMOTION(ウィモーション)360ストレッチパンツ
サリー
2023/08/30 00:00

こんにちは、ワークマン社外取締役のサリーです。毎週家族でキャンプに出撃し、キャンプ情報やワークマン商品レビューを「ちょっとキャンプ行ってくる。」というブログYouTubeでご紹介しています。

今回ご紹介するのは、ワークマンの「レディースWEMOTION(ウィモーション)360ストレッチパンツ」1,900円です。

シンプルでコーディネートしやすく、ストレッチが効いて動きやすい超定番パンツです。

では詳しくどうぞ!

レディースWEMOTION(ウィモーション)360ストレッチパンツとは

「とにかくシンプルで履きやすく、コスパに優れたパンツがほしい」という方に激しくおすすめしたいのが、こちらが「レディースWEMOTION(ウィモーション)360ストレッチパンツ」です。

素材はポリエステル45%・綿38%・ポリウレタン17%です(グレーのみポリエステル70%・ポリウレタン16%・綿14%)。

綿の柔らかさもありつつ、色落ちや型崩れしにくいポリエステルが混合されています。またポリウレタンで生地が伸びやすく、伸縮性に優れた機能も持っています。

ウエスト部分はボタンとファスナーがあり、ベルト通しも付いています。腰の両サイドにポケット付き。

お尻部分にも2か所ポケットがあります。

生地は厚すぎず薄すぎず、1年中着やすい厚さです。冬は下に保温下着などを重ねると寒い時期でも安心です。

サイズはS、M、L、LLの4サイズ展開です。

実際の着用シーン

実際に着用してみました。身長163cmでLサイズを着用しています。

レギンスパンツやスキニーパンツほど細くなく、だれでも似合いやすいすっきりと見えるストレートなシルエットです。

実は着用しているパンツは3年前に購入したものですが、色が全然あせていません。通常洗濯すると色あせが気になってくるものですが、しっかりと黒いままです。

また膝がぽこっと出てくることもありますが、ストレートのままです。型崩れのしにくさもこのパンツの魅力です。

ストレッチが効いているので、しゃがむといった大きな動きをしても無理なく動きやすいです。

商品詳細

商品名:レディースWEMOTION(ウィモーション)360ストレッチパンツ
商品番号:WEM111
管理番号:44716
サイズ:S、M、L、LL
カラー:ブラック、グレー、ベージュ、グリーン
価格:1,900円(税込)

ワークマンのレディースシンプルパンツはWEMOTIONで決まり!

今回はワークマンの「レディースWEMOTION(ウィモーション)360ストレッチパンツ」をご紹介しました。

ストレッチが効いて動きやすいため、日常にはもちろん、キャンプや仕事着としても活躍すること間違いなしです。

シンプルなパンツをお探しの方は、ぜひワークマン店舗&ワークマンオンラインでチェックしてみてください。

キャンプで便利。ストレスフリーで脱ぎ履きできる「アーバンハイクスリッポン」
山田耕史
2023/08/18 00:00

キャンプで必要なアイテムがわかってきました

ワークマンがキャンプギアを展開し始めてから、我が家も本格的にキャンプをするようになりました。

今年も5月は一ヶ月でなんと3回、そして続く6月、7月もキャンプに行くくらい、ハマっています。最初は手探り状態でしたが、回数を重ねることで、キャンプに必要なアイテム、不要なアイテムも徐々にわかるようになってきました。

今回ご紹介するワークマン「アーバンハイクスリッポン」は、そんな僕の経験上、キャンプのときにあれば絶対に便利な一足です。

意外と多いキャンプ中の靴の脱ぎ履き

キャンプをしていて意外と多いのが、靴の脱ぎ履きです。テントに出入りしたり、スーパー銭湯にお風呂に入りに行ったりと、普通の日常生活を送っているときよりも靴を脱ぎ履きする回数は確実に多くなると思います。
僕がキャンプなどのアウトドアに行くときはたいてい、トレイルランニングシューズを履いているんですが、靴を脱ぎ履きするときに、いちいち紐を解いて結んでするのはかなり面倒。とはいえ、紐を結んだまま脱ぎ履きするのはスムーズではありませんし、靴の寿命を縮める原因になってしまいます。

ストレスフリーでサクッと脱ぎ履き

その点、「アーバンハイクスリッポン」はスリッポンタイプなので、手を使わなくてもサクッと脱ぎ履きができます。

テントに出入りするときも、ストレスフリーです。

ディアマジックダイレクトという耐久撥水加工が施されているので、多少の雨が降ったり、キャンプサイトが朝露に濡れていたりしても大丈夫。

非常に軽いので、キャンプ場で寛ぐためのセカンドシューズとして持って行くのもいいでしょう。 まさに、キャンプにうってつけの一足です。

スタイリッシュなお散歩コーデ

アーバンハイクスリッポン」は非常にシンプルなデザインなので、ワークマンの高機能ウェアを使ったアウトドアコーディネートに馴染むのはもちろんのこと、様々なテイストの服装にマッチします。
例えば、シャツとチノパンツというトラディショナルなカジュアルファッションに合わせても違和感なし。

チノパンツはワークマンx山田耕史共同開発製品「超撥水ワイドチノパンツ」の2023年秋冬ニューカラーです。

太もも後方にスマートにペットボトルを収納できるのが便利な「超撥水ワイドチノパンツ」。

軽量で足さばきが楽な「アーバンハイクスリッポン」を合わせて、お散歩なんていかがでしょうか。

今風な古着コーデにもマッチ

また、シンプルなデザインは今風のトレンドファッションにもマッチします。

若者の間で人気が再燃している古着のTシャツに、ルーズなシルエットのデニムパンツを合わせたストリート風のコーディネートに合わせてもマッチします。

アーバンハイクスリッポン」のカラーバリエーションは今回ご紹介したチャコールと、アウトドアウェアと相性の良いサンドベージュの2種類。2,500円(税込)で発売中です。

ワークマンを代表する冬アウター 「DIAMAGIC DIRECT(R)(ディアマジックダイレクト)防風防寒ジャンパー」
山田耕史
2023/01/24 00:00

1月に入り、これまでよりも一層厳しい寒さを感じる日も増えてきました。
今回ご紹介する「DIAMAGIC DIRECT(R)(ディアマジックダイレクト)防風防寒ジャンパー」は、そんなこれからの季節にぴったりな、暖かで快適な一着です。

配色切り替えデザインが目をひく「DIAMAGIC DIRECT(R)(ディアマジックダイレクト)防風防寒ジャンパー」は街で見かけることも多い、ワークマンの冬の定番製品。

ジュニアサイズの「DIAMAGIC DIRECT(R)(ディアマジックダイレクト)ジュニア防風防寒ジャンパー」も展開されており、まさにワークマンを代表する冬アウターと言えるでしょう。

DIAMAGIC DIRECT(R)(ディアマジックダイレクト)防風防寒ジャンパー」の特徴は、アクリルコーティング加工が施された表地。このおかげで、高い防風性を備えています。また、中わたもしっかり入っているので、防寒性も十分。

また、汚れが落ちやすい耐久撥水加工、DIAMAGIC DIRECT加工も施されており、ワークシーンだけでなく、アウトドアなど様々なシーンでも活躍する一着です。

新色MIXグレーは大人顔

上の画像からもわかる通り、「DIAMAGIC DIRECT(R)(ディアマジックダイレクト)防風防寒ジャンパー」は引き裂きに強いリップストップ生地が用いられており、アクティブなイメージが強い一着。
ですが、今回ご紹介する「DIAMAGIC DIRECT(R)(ディアマジックダイレクト)防風防寒ジャンパー」の2022年秋冬新色、MIXグレーはちょっと趣きが違います。

MIXグレーはリップストップ生地ではなく、まるでウール素材のような起毛感のある柔らかい生地が用いられており、上品で大人っぽい雰囲気を漂わせています。

他のカラーに用いられているリップストップ生地とは違い、引き裂きに対する強さはありません。
ですが、それ以外の機能は他のカラーの「DIAMAGIC DIRECT(R)(ディアマジックダイレクト)防風防寒ジャンパー」と全く同じ。
冬アウターとして重宝する、防風性や防寒性、耐久撥水性などはしっかり備えています。
ディテールを見ていきましょう。
フードは取り外し可能。

取り外すと、シンプルなスタンドカラーに早変わり。型や胸に控えめに入っている「フィールドコア」のロゴはリフレクタープリントなので、夜間の安全性を高めてくれます。

左胸の切り替え部分にはジップポケットが備えられています。

スマートフォンを収納するのにぴったりな位置とサイズです。

両裾には手を突っ込めるハンドウォーマーポケットもあり、使い勝手はばっちり。

左胸裏側には内ポケットも装備。裏地には暖かなフリース素材が用いられています。

分厚い中わたと相まって、包み込まれるような暖かさを提供してくれます。

春を意識した上品カジュアルコーディネート

まだまだ寒さは続きますが、既に春物が入荷しているお店も多いので、ちょっと明るめの色を試したい、という気持ちも出てきているこの頃。
ということで、今回は「DIAMAGIC DIRECT(R)(ディアマジックダイレクト)防風防寒ジャンパー」MIXグレーの上品さを生かして、春を意識した色合いの、上品カジュアルコーディネートを2つご紹介します。
まずは、冬の定番インナーであるスウェットシャツに、ラフな印象のワークパンツをあわせたデイリーカジュアルコーディネート。

スウェットはシンプルなデザインの無地を選ぶと、上品な印象になります。少し明るめの色のワークパンツで、春気分が高まります。

お次はニットを使った、もう少しオトナなコーディネート。

綺麗なターコイズカラーのニットに合わせているパンツは、2022年秋冬ワークマンx山田耕史共同開発「SOLOTEX(R)(ソロテックス)使用プレミアムスーツパンツ」。
ウールライクなソロテックス生地が用いられており、とっても上品な雰囲気。

同素材の「SOLOTEX(R)(ソロテックス)使用プレミアムスーツジャケット」とセットアップで展開されており、スーツとして着用することも可能。ウールのような質感のソロテックス生地はフォーマルなキチンと感が十分にあり、ビジネスユースも余裕。
僕は昨年の子供の七五三にこの「SOLOTEX(R)(ソロテックス)使用プレミアムスーツジャケットパンツ」を着ていきました。

「SOLOTEX(R)(ソロテックス)使用プレミアムスーツジャケットパンツ」はスーツとしてだけでなく、このように上下別々に着用することも可能。「DIAMAGIC DIRECT(R)(ディアマジックダイレクト)防風防寒ジャンパー」に負けず劣らずの高い機能を備えているので、様々なシーンで重宝すること請け合いです。

DIAMAGIC DIRECT(R)(ディアマジックダイレクト)防風防寒ジャンパー」の価格は2,900円(税込)。この冬最後にもう一着、としても手を出しやすいお値段です。
※MIXグレーの価格は3,500円(税込)になります。
是非一度、試してみて下さい。

プロの職人に向けた企画された製品「SOLOTEX(R)(ソロテックス)使用URBAN WORKWEARカーゴパンツ」
山田耕史
2022/10/31 00:00

今回ご紹介する「SOLOTEX(R)(ソロテックス)使用URBAN WORKWEARカーゴパンツ」は、 「SOLOTEX(R)(ソロテックス)使用 URBAN WORKWEARジャンパー」のセットアップとして発売されている、プロの職人の現場作業に最適化された、高い機能性を誇る製品です。
上下合わせての着用はもちろんのこと、「SOLOTEX(R)(ソロテックス)使用URBAN WORKWEARカーゴパンツ」単品でも十分活躍してくれる、魅力的な製品です。

夢の高機能素材ソロテックス

生地にはソロテックス素材が用いられています。
ワークマンのスーツ(テーラードジャケットとスラックスのセットアップ)にも採用されているソロテックス素材は高機能な上に、上品かつ洗練された印象を持つという、夢のような素材。
この「SOLOTEX(R)(ソロテックス)使用URBAN WORKWEARカーゴパンツ」も、スタイリッシュな雰囲気であるにも関わらず、ストレッチや耐久撥水、UVカットなどの多彩な機能を備えています。

ディティールを見ていきましょう。 ウエストにはベルトループが設けられている上に、サイドにはゴムも配されているので、ベルトレスでの着用も可能。

右膝の切り替え部分には、スマートフォンなどを入れるのに最適な隠しポケットがあります。

左膝には大容量のカーゴポケット。フラップにはペン差し穴も設けられています。

後面にはポケットが左右にひとつずつあります。

ウエストの内側を見てみると、ロッカーのフックなどに引っ掛けやすいループが付けられています。また、「FieldCore」のロゴが入った四角いディテールは、タックインしたトップスがずり上がらないようにするための滑り止め。ワークマンらしい機能です。

ビジカジスタイルにもハマるマルチプレイヤー

このように、「SOLOTEX(R)(ソロテックス)使用URBAN WORKWEARカーゴパンツ」は機能が満載されたプロの現場向けのワークウェアですが、ワークマンx山田耕史共同開発製品らしく、カジュアルウェアとも相性の良いシンプルでべーシックなデザイン。
なので、スウェットパーカの上にトラックジャケットを羽織ったカジュアルスタイルにも難なくハマります。

それだけではありません。ワークマンx山田耕史共同開発「SOLOTEX(R)(ソロテックス)使用プレミアムスーツジャケット」に、上品なストライプ柄のシャツを合わせた、ビジカジコーディネートのボトムスにもすんなりハマるマルチプレイヤーっぷり。

SOLOTEX(R)(ソロテックス)使用プレミアムスーツジャケット」は、「SOLOTEX(R)(ソロテックス)使用 URBAN WORKWEARジャンパー」の記事のコーディネートに取り入れた「SOLOTEX(R)(ソロテックス)使用プレミアムスーツパンツ」のセットアップアイテム。
このようにセットアップアイテムを別々に着用することで、ファッションの幅は更に広がります。是非お試し下さい。

プロの職人に向けた企画された製品「SOLOTEX(R)(ソロテックス)使用 URBAN WORKWEARジャンパー」
山田耕史
2022/10/26 00:00

これまで数多くのワークマンx山田耕史共同開発製品が生み出されてきました。
その中の大半は、「超撥水シェフパンツ」や「REPAIR-TECH(R)(リペアテック)洗えるフュージョンダウンフーディー」など、ワークマンが得意とするワークウェアの機能はそのままに、デザインをシンプルでべーシックにすることで、一般的なカジュアルウェアとの相性を高めたもの。
ですが、今回ご紹介するワークマンx山田耕史共同開発「SOLOTEX(R)(ソロテックス)使用 URBAN WORKWEARジャンパー」は、本格的なワークの現場で着用されることを目的に、プロの職人に向けて企画された製品です。

シンプルとワイルドを両立させたデザイン

プロの職人の多くは、ワイルドなデザインを好むそうです。
ですが、基本的にワイルドなデザインは、ワークマンx山田耕史共同開発製品で目指してきたシンプルでべーシックなデザインとは相反してしまいます。
様々なリサーチをした結果、ポイントだと考えたのは、着用したときに目立つ胸ポケット。胸ポケットに鋭角デザインを取り入れることで、プロの職人が好むワイルドさが演出できたと思います。

高機能素材ソロテックスの多彩な機能

もちろん、「SOLOTEX(R)(ソロテックス)使用 URBAN WORKWEARジャンパー」の魅力はデザインだけではありません。現場で活躍する多彩な機能が備えられています。特に、高機能素材ソロテックスが用いられた生地には耐久撥水、ストレッチ、速乾、UVカットなど多数の機能があります。
その上、スタイリッシュな雰囲気も併せ持っているのが、ソロテックス素材の特徴です。

フードはジップでの脱着式です。

胸ポケットはスナップボタン式。左側にある現場には必須のディテールであるペン差しも、テープでスタイリッシュな雰囲気。

左右の脇にもポケット。

ノートパソコンも入る大容量隠しポケット

左胸ポケットの横には大きなジップポケットがあります。

かなりの大容量で、スマートフォンやタブレットだけでなく、ノートパソコンまで入ってしまいます。僕が使っているノートパソコンはやや大きめの13.3インチですが、それも難なく入れられるのには驚きました。

ポップにもクールにもマッチ

SOLOTEX(R)(ソロテックス)使用 URBAN WORKWEARジャンパー」には他にもプロの職人の現場で役立つ多くの機能が備えられています。
ですが、デザインはシンプルなので、日常生活でも十分活躍してくれる製品に仕上がっています。
例えば、カレッジプリントのスウェットに、ポップなカラーのナイロンパンツという、イマドキなスポーティカジュアルファッションに合わせても違和感は全くありません。

それどころか、上品なキレイ目コーディネートにもばっちりハマります。クラシカルなブラックウォッチ柄のシャツに、スラックスという、クールなビジカジコーディネートにも十分マッチします。

合わせているパンツは、ワークマン×山田耕史共同開発「SOLOTEX(R)(ソロテックス)使用プレミアムスーツパンツ」。「SOLOTEX(R)(ソロテックス)使用プレミアムスーツジャケット」と合わせてスーツとしても着られる本格派スラックスです。こちらもシンプルでべーシックなデザインなので、パンツ単体でもコーディネートを楽しむことができます。

ショートカットしたい服選びの手間「耐久撥水シェルジャケット」
山田耕史
2022/09/26 00:00

長い長い夏も終わり、ようやく涼しくなってきました。
そうなってくると、頭を悩ませるのが体温調節。
Tシャツ短パンがあればそれで良かった夏とは違い、秋になると急に朝晩が冷えてきたり、お店に入ると意外とクーラーが効いてたりすることがあります。
この季節、家を出るときにはスマートフォンの天気予報アプリで天気や気温を調べつつ、その日向かう場所や、どんなことをするのかを考えて、着る服を慎重に選びたいところ。
とはいえ、できればそういった手間はできるだけショートカットしたい、という人も多いでしょう。
そんな人にオススメしたいのが、今回ご紹介する「耐久撥水シェルジャケット」です。
耐久撥水シェルジャケット」の特徴は、なんと言ってもその薄くて軽い生地。僕の手元にあるLLサイズの製品を実際に計ってみたところ、245グラムという軽さでした。

生地にはディアマジックダイレクトという、50回洗濯を繰り返しても撥水効果が維持される耐久撥水加工が施されています。

スマートフォンにジャストサイズの胸ポケット

左右の両裾のポケットに加え、左胸にはジップポケットが設けられています。

ジップポケットはやや小さめですが、スマートフォンを入れるのにはぴったり。
ポケットが大きいと、ジョギングするときにスマートフォンがポケットの中で踊ってしまい、邪魔になってしまうことがありますが、このポケットのサイズならばそんなストレスを感じにくいでしょう。

袖口のゴムに加え、裾にはスピンドルがあるので雨風の侵入が防げます。

また、本体を折り畳んでポケットに入れ込んで収納できる、パッカブル(ポケッタブル)機能も備えています。これなら、着ないときにカバンに入れていても邪魔になりません。

折り畳み傘代わりにカバンに常備

ですので、これからの季節は折り畳み傘代わりに「耐久撥水シェルジャケット」をカバンに常備しておくのがオススメです。
耐久撥水シェルジャケット」は全部で5色展開。

アクティブな印象のオレンジやライムイエローは、スポーツやアウトドアシーンなどに最適。
落ち着きのあるブラックやグレーは普段着の上に羽織っても違和感がありません。
例えばいかにも秋らしいブラウンがメインのチェックシャツに、ベージュのスラックスといった、大人のトラディショナルコーディネートにもぴったりマッチします。

薄くて軽いので邪魔にならない

僕個人的には、健康管理の為に続けているウォーキングのときに活躍してくれると期待しています。

ウォーキングの途中で暑くなってきても、薄くて軽い「耐久撥水シェルジャケット」なら、このようにラフに体に巻きつけても、邪魔に感じません。

もちろん体温調節だけでなく、急な雨にも対応可能。秋のお守り代わりの一着になってくれそうです。

合わせているパンツはワークマンx山田耕史共同開発「トラベルシェルウォームパンツ」。
僕が考えたコンセプトを基に開発された製品です。ミニマルなデザインでリラックス感があり動きやすいウエアがあればいいな、という僕の考えがベースになっています。
裏起毛素材で暖かく、動きやすいので、秋冬の軽い運動やリラックスタイムにぴったりの一着に仕上がっています。

虫が寄り付きにくいソロテント(ミシックドームテントAG 1人用)
山田耕史
2022/09/22 00:00

ワークマンのキャンプギア本格展開を期に、しばらく遠ざかっていたキャンプを再開させた我が家。
残念ながら9月の連休に予定していたキャンプは台風により延期になったものの、ここ数ヶ月は毎月のようにキャンプに出かけており、それまでキャンプとはあまり縁がなかった僕も、少しは慣れてきたように思えます。
僕と妻、10歳を筆頭に子供3人の我が家が現在使用しているのは、ワークマンの「ワイドミシックドームテントAG 4人用」。こちらは4人用のテントです。

コンパクトに収納できて組み立てもカンタン

そして今回ご紹介する、「虫が寄り付きにくいソロテント(ミシックドームテントAG 1人用)」はその名の通り、1人用のテント。
肩にかけて運ばないといけない「ワイドミシックドームテントAG 4人用」に比べ非常にコンパクトで、収納時の全長は60cmくらい。
少し大きめのバックパックなら余裕で入れられる大きさです。

僕はまだキャンプ経験値がそれほど高いとは言えず、テントなどの組み立てにはまだ不安がありますが、「虫が寄り付きにくいソロテント(ミシックドームテントAG 1人用)」の説明書に記載されている組み立ての手順は4ページだけと非常に短く、組み立て方もかなりシンプル。

説明書には図が多数掲載され、特に手間取ることなく組み立てられました。

不慣れな僕でも10分くらいで組み立ては完了。慣れていたら5分もかからないのではないでしょうか。

虫が寄り付きにくいソロテント(ミシックドームテントAG 1人用)」のカラーバリエーションは今回ご紹介するバーガンディの他、カーキとカフェオレの全3色。どれも落ち着きのある大人にぴったりの色です。

ワークウェアで培った機能がてんこ盛り

ワークマンのキャンプギアには、これまで長年ワークマンがワークウェアで培ってきた機能素材が用いられています。
この「虫が寄り付きにくいソロテント(ミシックドームテントAG 1人用)」には、ワークマンのアウターやパンツでお馴染みの耐久撥水加工、ディアマジックダイレクトが施されています。
フライシートは約2,000mm、フロアシートは約3,000mmの耐水性を誇ります。

また、ワークマンの夏のウェアで多く用いられている防虫加工、ディアガードが施されているのも嬉しいポイント。
アウトドアは楽しいですが、やはり虫にはあまり寄って欲しくないですからね。勝手な話ですが。

気軽に持ち運べて簡単に組み立てられる「自分だけの部屋」

この「虫が寄り付きにくいソロテント(ミシックドームテントAG 1人用)」の設営と撮影は、河原で行いました。

僕がキャンプに行くときは、当然家族と一緒。まだまだ子供は手がかかる年齢なので、今後数年間は、週末は子供と一緒に過ごすでしょう。

ですので、今回「虫が寄り付きにくいソロテント(ミシックドームテントAG 1人用)」をレビューするにあたって、「ソロキャンプをしたことがないし、する予定もない自分にレビューなんてできるかな?」という不安が少しありました。

ですが。
こうやって「虫が寄り付きにくいソロテント(ミシックドームテントAG 1人用)」の中で寝転んでみたときに、その不安は霧散しました。
想像していたよりも居心地が非常に良かったのです。

身長176cmの僕が足を存分に伸ばしてもまだ余裕のある室内。
僕は基本的に在宅ワークですが、たまにこうやって河原でテントの中で仕事をするのも、良い気分転換になるのではないかと感じました。
つまり、週末に自分ひとりでソロキャンプをするのではなく、平日の昼間に自分だけの仕事部屋として「虫が寄り付きにくいソロテント(ミシックドームテントAG 1人用)」を使うのです。

これからは、暑くもなく、寒くもないちょうど良い季節になります。
そんなときに、気軽に持ち運べて簡単に組み立てられる「自分だけの部屋」があれば、何かと役に立つのではないかと思います。

イマドキなのに高機能。ワークマンの新定番「超撥水シェフパンツ」
山田耕史
2022/04/11 00:00

新定番「超撥水シェフパンツ」に新色登場

今やワークマンの新定番製品と言っても過言ではない「超撥水シェフパンツ」。 発売されたのは、今からちょうど1年前の2021年春夏シーズンでした。
それまで、シェフパンツはワークパンツのひとつとして数多くのアパレルブランドやセレクトショップから発売されていましたが、「超撥水シェフパンツ」はワークマンならではの高い機能性と、1,500円(税込)というお手頃価で大ヒット。共同開発者である僕自身も、部屋着兼外出着としてほぼ毎日ヘビーローテションしています。
そんな「超撥水シェフパンツ」、2022年春夏では継続して展開されるブラックとネイビーストライプに加え、新色のゴールドキャメル、コーデュロイグリーン、そして今回ご紹介するコーデュロイグレージュの全5色のカラーバリエーションが揃います。

イマドキなゆったりシルエット

超撥水シェフパンツ」の最大の特徴は何と言ってもイマドキなゆったりとしたシルエット。

ウエストはラクチンなゴム仕様に加え、ベルトループ、そして内側には紐も配されているので、自分の好みに合う着用方法が選べます。また、低価格商品では省略されていることの多いフロントジップが備えられているのは嬉しいポイント。

左前のポケットにはリフレクターテープが付けられ、夜道での安全性を高めています。

そして、通常のサイドポケットの脇にあるのは、大容量のジップポケット。500mlのペットボトルが3本も入ります。

春アウターと合わせて春気分を満喫

デザインは極めてシンプルかつベーシック。目立つロゴや配色などは全て削ぎ落とされているので、誰にでも似合いますし、どんな服にもマッチします。
最近はようやく暖かくなってきたので、春の軽快なアウターを着たい気分になっている方も少なくないでしょう。
僕はこの春、こんな綺麗な色のトラックジャケットと「超撥水シェフパンツ」を合わせてみようと思っています。

保育園送迎だけでなく、最近僕が日課にしているウォーキングでも活躍してくれそうです。

また、イエローxブルーの爽やかなチェック柄のシャツに、真っ白のコットンカーディガンを羽織ったキレイめコーディネートにもマッチします。行楽だけでなく、ちょっとしたレストランに食事に行く、なんてシーンにも十分対応可能。

コーデュロイは秋冬のイメージを持っている方も少なくないようですが、春も活躍してくれます。特に「超撥水シェフパンツ」のコーデュロイ生地は薄くて軽いので、初夏まで十分着られるでしょう。

軽くて大容量!おでかけにオールマイティーな撥水デイバッグ
サリー
2021/09/01 00:00

こんにちは、ワークマンアンバサダーのサリーです。毎週家族でキャンプに出撃し、キャンプ情報やワークマン商品レビューを「ちょっとキャンプ行ってくる。」というブログYouTubeでご紹介しています。

今回ご紹介するのは軽くて大容量・小雨ならへっちゃらな撥水デイバッグです。

撥水デイバッグの外観をチェック

ころんとした丸みのあるボディの「撥水デイバッグ」。

容量が約20リットルもあるので、通勤通学にはもちろん、ちょっとしたハイキングや1泊旅行にもおすすめです。

ワークマンのアウトドアブランド「FieldCore」のワッペン付き。実はこれ、反射材にもなっているので、雨の日の安全にも一役買っています。

左のベルト部分(写真では右側)にも、反射材のワッペン付きです。
チェストベルトも付いています。

腰部分は蒸れ防止のメッシュも。ベルトにもクッションが入っており、疲れを軽減してくれます。

正面にはA4サイズが楽々と入ってしまう、大型ポケット搭載!しかも止水ファスナーが採用されているので、雨がファスナーから染み込んでこないようになっています。

撥水デイバッグの内部

20リットルというとかなりの荷物が入るのですが、よくあるのが底に収納したものがなかなか見つからない問題。

でもワークマンの撥水デイバッグなら大丈夫!このようにがばっとフルオープンになるのです。これなら奥にしまった物もすぐに取り出せます。

背中部分には、小分けポケットも。ファスナー付きの部分もありますので、小さなものや貴重品を入れておくにも便利です。

雨キャンプで背負ってみました

アンバサダーサリー、雨キャンプの日に背負ってみました。163cm、体に対してちょうどいいかちょっと大きいくらいのサイズ感です。

荷物はしっかり入るけど、妙に大きく見えすぎない感じがいいですね。

中に着替えの衣類を入れてみたのですが、ベルトがしっかりとクッション性があるせいか、肩が痛くなりません。

せっかく撥水機能があるので、雨に少しさらしてみました。

ちょっとわかりづらいですが、雨粒が生地の表面に付いているのがおわかりでしょうか。中の衣類は濡れていませんでした。ちょっとした雨なら弾いてしまいます!

※防水ではありませんので、長時間や大量の雨には浸みてしまいますのでご注意を。

商品詳細

商品名:撥水デイバッグ
商品番号:D001
容量:約20リットル
サイズ:縦45cm、横33cm、マチ16cm
素材:ポリエステル(PVCラミネート)
カラー:ブラック・レッド・迷彩グリーン・迷彩グレー
価格:1,900円(税込)

撥水デイバッグはおでかけにオールマイティー

今回はワークマンの撥水デイバッグをご紹介しました。20リットルと大容量で、通勤通学はもちろん、キャンプやハイキングでも大活躍するリュックです。

ワークマン店舗・ワークマンオンラインストアで販売中です。ぜひご覧ください!

夏の雨の日にぴったり!袖が7分丈で涼しく着られる透湿レインパーカーポンチョ
サリー
2021/08/03 00:00

こんにちは、ワークマンアンバサダーのサリーです。毎週家族でキャンプに出撃し、キャンプ情報やワークマン商品レビューを「ちょっとキャンプ行ってくる。」というブログYouTubeでご紹介しています。
今回ご紹介するのは、暑い時期にも7分丈で着やすい、透湿レインパーカーポンチョです。ゆるりとしたシルエットで、下に着ている洋服にも重ね着しやすいポンチョ。詳しくご紹介しますね!

レインパーカーポンチョとは?

ワークマンでは様々な種類のレインウェアが販売されていますが、袖が7分丈のポンチョタイプは珍しいです。

夏にレインウェアを着用するとどうしても蒸し暑さを感じますが、このレインポンチョは袖が短めであること、ポンチョのシルエットが体に密着しにくいことから、涼しく着られるレインウェアになっています。

防水性もバッチリ。耐水圧は3,000mm、透湿度も3,000g/㎡/24hと、防水しつつ蒸れにくいスペックになっています。

内側の黒いテープはシームテープ。縫い目から水が浸みこんでこないような仕様になっています。そして蒸れやすい背中部分はメッシュになっています。

背中には大きなベンチレーションがありますので、汗をしっかりと逃がしてくれます。

大きなフードは、左右にドローコードが付いていてぴったりとフィットさせることも可能です。

右肩後方にあるFieldCoreのロゴマークは、反射材になっています。天気の悪い夜にも安心です。

アンバサダーサリー、ポンチョ着てみました

透湿レインパーカーポンチョを着てみました。この日は30度近い暑さで、正直レインウェアは暑い・・・!のですが、袖が7分丈でゆとりもあるということもあり、長袖のレインウェアに比べて格段に涼しく感じました。

シルエットは大きなポンチョとは少し違い、ゆとりのあるレインウェアという感じで、カッパ感があまりないのも着やすいポイントですね。

フードも大きめなので、しっかりと雨からガードしてくれそうです。

夏のレインウェアとしてはもちろん、春秋のアウターとしても活躍しそう!

カラーバリエーションもおしゃれ

カラーは全6色。今回はブルーをご紹介しましたが、2021年新作のライラック、ミストブルーは今までにない軽やかなカラーです。

開発社員さんによると、シームテープがあえてデザインのアクセントになるようにしたとか。気分が暗くなりがちな雨の日は、こんな明るいカラーのレインポンチョで気分を上げたいですね。

商品詳細

商品名:透湿レインパーカーポンチョ
商品番号:SR007
サイズ:M/L/LL/3L
素材:ナイロン100%
カラー:ブラック・ライラック・イエロー・カーキ・ミストブルー・ブルー
価格:2,900円(税込)

レインポンチョで夏の雨でも快適に

今回は透湿レインパーカーポンチョをご紹介しました。

7分丈で軽量、カジュアルなデザインで夏にぴったりのレインウェアです。ぜひチェックしてみてくださいね。

ワークマン店舗、ワークマンオンラインストアにて発売中です。

春先のちょっと肌寒い季節にぴったり!高撥水シェルジャケット
サリー
2021/03/10 00:00

こんにちは、ワークマンアンバサダーのサリーです。毎週家族でキャンプに出撃し、キャンプ情報やワークマン商品レビューを「ちょっとキャンプ行ってくる。」というブログYouTubeでご紹介しています。

今回ご紹介するのは、ちょっと肌寒い時に一枚羽織るのにちょうどいい、高撥水シェルジャケットです。春先や秋まで長く活躍するワークマンの定番アイテムです。では詳しくご紹介します。

高撥水シェルジャケットとは?

柔らかく、薄手で、それでいて風を防いで暖かいシェルジャケット。レッドやブルーなどの明るいカラーもありますが、キャンプや日常のタウンウェアとしても使いやすいブラウンを今回レビューします。

落ち着いたカラーですが、暗すぎず、春にも秋にも最適。この日は2月にしては暖かい日でしたが、とにかく風が強い!綿のロングTシャツだけでは風を通して寒かったですが、このシェルジャケットを羽織るだけで快適に過ごせました。

かなり薄手ながら、暖かさもあります。アウターにはもちろん、インナーとして着ることもできるくらいの薄さで着心地がいいのです。

生地には高撥水加工がしてありますので、ちょっとした雨が降っても大丈夫。

防水ではないので長時間大量の雨に濡れると中に染みてしまいますが、ちょっと小雨がかかるくらいならパパっとはらえば大丈夫です。

フードも付いているので、ちょっと小雨が降って来た時はもちろん、日差しが強い日にも大活躍。この日は帽子を忘れてしまって、まぶしくて・・・そんな時にもフードをかぶれば日差しからも守ってくれます。

フィールドコアのロゴは、後ろの右肩に付いています。こちらは反射材にもなっていますので、夜道を歩く際も安全です。

両サイドにはファスナー付きポケットがあります。貴重品を入れても安心な作りになっています。

コンパクトで持ち運びも楽々

収納袋が付属しています。まるっと収納できて、16cmとコンパクトサイズ。昼間は暑いけど、朝晩が冷える季節は、ぜひバッグにひとつ忍ばせておきましょう。

シンプルなのでコーディネートもしやすい

身長163cmで普段レディースLサイズを着用することが多いですが、今回、メンズMサイズを着用しています。

ワークマンのメンズ商品は、いつもLサイズを選んでだぼっと着るのが好みですが、このシェルジャケットはミドルインナーとして重ね着したり、ワンピースと合わせてもかわいいかなと思い、Mサイズをチョイスして大正解でした。

1,900円とお安いので、派手カラーを色違いで購入するのもおすすめです。

高撥水シェルジャケットの商品詳細

商品名:高撥水シェルジャケット
品番:S001D
価格:1,900円(税込)
カラー:ブラック・ブラウン・レッド・イエロー・ブルー・ライトグレー
サイズ:S/M/L/LL/3L

ご購入はワークマン店舗・オンラインストアで

今回はワークマンの高撥水シェルジャケットをご紹介しました。

軽くてコンパクトになるシェルジャケット。コンパクトになるので、これからの季節、バッグに入れておくだけで安心です。

ワークマンオンラインストア、ワークマン店舗にて販売中です。ぜひチェックしてみてくださいね!

ポケットが多数!まるで履くかばん「DIAMAGIC DIRECT(R) UTILITY綿クライミングパンツ」
山田耕史
2021/03/08 00:00

機能のてんこ盛り!

僕も含め、ポケットが沢山付いた服に何故か惹かれてしまう人は少なくないのではないでしょうか。 今回ご紹介するのは、無数とも思えるほど多数のポケットに思わずテンションが上がってしまう「DIAMAGIC DIRECT(R) UTILITY綿クライミングパンツ」です。

DIAMAGIC DIRECT(R) UTILITY綿クライミングパンツ」は腰の左右のエプロンのような部分に、これでもかというくらいのポケットが備え付けられています。

本当にポケットが沢山あるので、順に見ていきます。まず、右側面にはジップ仕様のメッシュポケット付き。

ポケットをまさぐらなくても中に何が入っているのかひと目でわかります。 例えばレジャーには付き物のチケットや小銭なんかを入れておくのにぴったり。 ジップが付いているので、飛んだり跳ねたりしても中身を落とす心配はありません。

左側面にはフラップ式のポケット付きで、フラップにはD管が付けられており、鍵などを引っ掛けておけるようになっています。

ポケットの袋布はメッシュ生地が用いられており、その上部には更に「FieldCore」のリフレクターロゴがプリントされたポケットがついています。

一番出し入れすることが多いウエスト左右のポケットにもジップが付けられており、スマートフォンを入れておくのに最適です。この他、後面の左右にも1つずつポケットが設けられています。

そして、ウエストの内側には撥水サコッシュが隠されています。

ウエストは着脱、調節が容易なウェビングベルト仕様

股下は開脚しやすい立体的なパターン。

生地にはストレッチ性が採用されていますが、膝は立体的なつくりになっており、更に動きやすさを確保。

しかも、キャンプなどの焚き火のときに安心な綿素材。それに加え、50回の洗濯にも耐える耐久撥水加工が施されています。

ファッション性も魅力

これだけ機能がてんこ盛りの「DIAMAGIC DIRECT(R) UTILITY綿クライミングパンツ」ですが、魅力はそれだけではありません。 ブラックの他、キャメル、ネイビーのシンプルで洗練された色使いによるファッション性の高さも見逃せません。

今回は「DIAMAGIC DIRECT(R) UTILITY綿クライミングパンツ」のブラックにシンプルでベーシックなグレーのTシャツを合わせ、羽織るアウターによってどれだけ雰囲気が変わるか実験してみました。 まずは、ワークマンの「高撥水シェルジャケット」。「DIAMAGIC DIRECT(R) UTILITY綿クライミングパンツ」と同じく耐久撥水性に優れたパッカブルパーカです。 ブラウンのシックなカラーを選べば、アウトドアシーンから街まで、幅広く着用可能なアクティブコーディネートの完成です。

ワイルドな雰囲気のミリタリーアイテムとも好相性です。 定番ミリタリーアウターの1つ、BDUジャケットともすんなりマッチ。 もちろん、スウェットパーカやシャツといった、一般的なカジュアルアイテムとも合わせられるので、気軽に日常に機能性を取り入れられます。

機能性アウターを”色”で選ぶ「高撥水シェルジャケット」
山田耕史
2021/02/02 00:00

機能性アウターを”色”で選ぶ

今やワークマンの代名詞的存在になった、防水・撥水アウター。雨の日だけでなく、ちょっとしたアクティブシーンでも重宝する製品が数多く揃っています。
一般的に機能性重視のウェアはアウトドアやスポーツを想起させるデザインが多いもの。この「高撥水シェルジャケット」も、アウトドアブランドでは定番的な配色デザインを取り入れています。

街でのスタイルのひとつとして既にアウトドアファッションは定着していますが、「いかにもアウトドア」な服装に抵抗がある人も少なくないでしょう。 今回は「アウトドアに馴染みがない人でも取り入れやすい、機能性アウターの選び方」をご紹介します。 その選び方はとっても簡単!「シックなカラーを選ぶこと」!たったそれだけです! 「高撥水シェルジャケット」で言うと、ブラウンがそれに該当します。

シックなカラーと言うと、ブラックが真っ先に頭に浮かびますが、ブラックは精悍で男っぽいイメージがある色なので、やや「強い」雰囲気になってしまう可能性があります。 ブラウンの他、ベージュやグレーなどの色は誰にでも似合うだけでなく、大人っぽいイメージがある色なので、機能性重視のアイテムでも比較的控えめな印象になります。

ブラウンならキレイ目レトロコーディネートにもすんなり馴染む

例えば、シルク素材のブラックシャツにウール素材のスラックスというキレイ目アイテムでも、ブラウンの「高撥水シェルジャケット」ならすんなりと馴染みます。

もちろん、カジュアルなアイテムとの相性も良好。カレッジプリントのスウェットにブルージーンズという王道アメカジコーディネートにもばっちりハマります。

シャツにスラックスというキレイ目アイテムにも合わせられる汎用性の高い「高撥水シェルジャケット」ですが、もちろん機能性はばっちり。 ワークマンでは定番のダイアマジックダイレクトを生地に採用。高い耐久撥水性を発揮します。

また、約220グラムととても軽量で、しかもパッカブルになるので折りたたみ傘代わりにカバンに入れておいても邪魔になりません。

フードの開きを調節するドローコードが付いているので、風の強い日にも重宝します。

ジップは手袋を付けていても開閉しやすい仕様。

袖のパターンは肩のシルエットがなだらかに落ちるようになっているので、女性がオーバーサイズで着ても馴染みます。

裾の左右には裏地メッシュのポケットを装備。

裾もスピンドルで絞れるので、風の侵入を許しません。

これだけの機能を備えていて、1,900円(税込)。一枚持っておいて損はないでしょう。