ワークマンオンラインストアブログ

豊富なカラバリでレイヤードコーディネートも楽しめるコンプレッションインナー「クロスワーク立体成型長袖ローネック」
山田耕史
2022/02/25 00:00

アウトドアやスポーツシーンで活きるワークマンの機能

僕がワークマンと出会ったのは、往復40kmの道のりをロードバイクで通勤していた時。冬場に足先が冷えるのを防ぐためのグッズを探していて、インターネットで色々調べて見つけたのが、ワークマンの靴下でした。
屋外での現場作業での足先の冷えを防ぐ為、生地にカプサイシンが練り込まれていた靴下が、僕が初めてワークマンで購入した製品でした。
その靴下と同じように、ワークマンでは現場作業で求められる機能を備えた服が、お手頃な価格で揃えられます。当時、そういったワークマンの機能アイテムは、アウトドアやスポーツなどの、元来の用途である現場作業以外でのシーンで役に立つということが、噂になり始めた頃でした。
今回ご紹介する「クロスワーク立体成型長袖ローネック」も、そんな現場作業で求められる機能を搭載した製品です。

一見シンプルな長袖Tシャツですが…

クロスワーク立体成型長袖ローネック」は、パッと見はシンプルなデザインの長袖Tシャツ。

一般的なクルーネックよりもやや襟の高いローネックである点以外は、普通のTシャツに見えるかもしれません。

しかし、よく見ると脇部分や首下部分の編地が他とは違っています。

そして、「クロスワーク立体成型長袖ローネック」の機能が最もわかりやすいのが、背面です。

肩甲骨の間あたりに、生地が大きなクロス字を描いています。

これはワークマン独自のたすきがけ設計。クロス部分に引っ張られることで、姿勢がサポートされます。つまり、「クロスワーク立体成型長袖ローネック」はいわゆるコンプレッションウェア。クロス字以外の編地が変わっている部分も、姿勢の制御をサポートしてくれるディティールです。

コンプレッションインナーでレイヤードコーディネートを楽しむ

紫外線をカットする加工が施されているので、現場作業だけでなく上記イメージ画像のようにスポーツウェアとしても活用可能。
ですが、「クロスワーク立体成型長袖ローネック」の活躍の場はそれだけに留まりません。
例えば、ワークマンx山田耕史共同開発2022年春夏新製品「リペアテック超軽量M65タイプジャケット」に合わせれば、現場作業だけでなくタウンユースとしても十分着用可能なカジュアルスタイルの出来上がり。

もっと意外性のあるアイテムとして、キレイ目な印象のシャツのインナーとして着用するのも良さそうです。「クロスワーク立体成型長袖ローネック」はピシッとした姿勢に正してくれるので、上品なシャツスタイルと好相性。合わせているパンツはこちらもワークマンx山田耕史共同開発「超撥水シェフパンツ」。2022年春夏の新色です。

クロスワーク立体成型長袖ローネック」のカラーバリエーションは今回ご紹介したシロの他、チャコール、クロ、アカ、オレンジ、グリーン、コン、アオの8色展開。価格は980円(税込)。色違いで購入し、色合わせを考えて、レイヤードコーディネートを楽しむのも一興です。