ワークマンオンラインストアブログ

シンプルだから着こなしやすい!デニム長袖シャツ
山田耕史
2021/03/04 00:00

高機能”じゃない”ワークマン

ワークマンと言えば高機能で低価格。この特徴は既に多くの人が知ることでしょう。 今回ご紹介する「デニム長袖シャツ」のような「普通」のカジュアルアイテムも展開していることは、知られていないかもしれません。「デニム長袖シャツ」のデザインは極めてシンプル。

ワークマン製品によく見られる、大容量ポケットやD管などの目立つディテールはありません。胸にシンプルな「普通」のポケットが1つだけ配されています。 また、用いられている生地にも防水やストレッチなどの機能性は特にありません。一般的なデニムシャツと同じ、「普通」の綿100%のデニム生地です。

シャツの顔とも言える襟のデザインもとっても「普通」。トラディショナルなボタンダウンカラーで、ヴィンテージのワークシャツを思わせる猫目型のボタンが用いられています。

「普通」だから着こなしラクチン

数あるワークマン製品のなかでも、これだけ「普通」なアイテムは珍しいでしょう。
「普通」だからこそ、どんな服とも、どんな人とも、どんなシーンとも相性が良く、着こなしがラクチンなのです。
デニムシャツは一般的に、スウェットシャツやジーンズといったアメカジのイメージが強いアイテムですが、ワークマンの「デニム長袖シャツ」は極めて「普通」なので、アメカジアイテム以外の服にも難なく合わせられます。
例えばテーラードジャケットにチノパンツという、キレイ目なコーディネートにも違和感なくハマります。このコーディネートに革靴を合わせれば立派なビジネスカジュアルスタイル、スニーカーを合わせれば気取らない大人の上品カジュアルスタイルの完成です。

「普通」なアイテムなので、更に遊んだコーディネートにもマッチします。
ミニマムなデザインのスタンドカラーのシャツブルゾンに、ワークマンx山田耕史共同開発製品「AERO STRETCH 4WAYスラックス」を合わせた、ブラックxブラックのモードっぽい雰囲気にもすんなり馴染みます。特に、「デニム長袖シャツ」のネイビーは生地にハリがあるので、モードっぽい服と合わせても違和感は生まれません。

もう1つのカラーバリエーション、ブルーはややカジュアルな印象なので、こなれた雰囲気が生まれます。

メンズだけでなく、レディスファッションにもすんなり馴染みます。

ワークマンで「普通」のカジュアルアイテム。新鮮ですよ。