ワークマンオンラインストアブログ

晴れでも雨でも!ワークマンが誇る全天候型パンツ「3レイヤーオールウェザーパンツ」
サリー
2021/06/29 00:00

こんにちは、ワークマンアンバサダーのサリーです。毎週家族でキャンプに出撃し、キャンプ情報やワークマン商品レビューを「ちょっとキャンプ行ってくる。」というブログYouTubeでご紹介しています。
今回ご紹介するのは、ワークマン史上最高というほど蒸れを感じない3レイヤーオールウェザーパンツです。どんな天気でもマッチするパンツ、詳しくご紹介しますね!

3レイヤーオールウェザーパンツとは?

こちらのパンツ、一言で言ってしまうとレインパンツです。合羽なのです。でも名前の通りオールウェザー。天気を気にせず、晴れでも蒸れず普通のパンツのように着用でき、もちろん防水性にも優れているから雨でも安心して履けるパンツです。

通常レインパンツは、普通のパンツの上に重ねることが多いですが、この3レイヤーオールウェザーパンツは、肌に直に着用しても平気なくらいさらさらとした生地感になっています

全体的に細身のシルエットで、ふくらはぎ部分は特に細いです。シルエットとしてはスキニーパンツや、テーパードパンツに近いです。

着脱はスナップとファスナーで。ウエスト調節の紐と、ベルト通しが付いています。

ポケット部分はスッと入る普通のパンツのようなデザイン。あえてレインパンツに見えないように、このようなデザインにしたと開発社員さんから伺いました。

お尻の右側のポケットはファスナー付きになっています。

生地は薄手でさらっとしています。防水性能は耐水圧10,000mm、透湿度は25,000g/㎡/24hです。高級アウトドアブランドが使用している生地に近い性能です。

この生地はワークマンが独自に開発した素材で「INAREM(イナレム)」と言います。イナレム・・・ムレナイ・・・蒸れない!と実はアナグラムになっているのです。

実際に晴れ日に着用してみました

晴れと雨の日、両方着てみました。まずは晴れの日。この日はワークマンの秋冬カタログの撮影日だったのですが、25度以上ある暑い日でした。

163cmでメンズMサイズを着用しています。普段ワークマンのメンズパンツは、SかMを着用することが多く、今回はMでぴったりサイズでした。細身シルエットなので、男性でしたら、普段の1~2サイズ大きめがおすすめです。

丈は少し足首が見えるくらいと、やや短めです。晴れの日はおしゃれに着れる丈感ですが、雨の日は長めの長靴を履くとよろしいかと思います。

かなり細身ですっきりとしているので、街で着てもこれがレインパンツだと気が付く人はいないのではないでしょうか。

かなり暑い日でしたので、さすがに少し蒸れましたが(綿のパンツでも蒸れるくらいの気温でした)、それでも他のレインパンツに比べると段違いの蒸れにくさでした。夏は暑く感じますが、春秋なら素肌に1枚で着用してもさらりと蒸れを感じずに過ごせそうです。

ちなみにワークマンのカタログ撮影の様子は、私のブログに掲載しています。よろしければご覧ください。

雨の日に実力検証!

風が強く、雨が激しい日にも着用してみました。この雨粒をご覧ください。

耐水圧が10,000mmあるので、しっかりと雨をガード。素肌はまったく濡れていませんでした。そして上半身は透湿度がこれよりも低いレインジャケットを着ていたのですが、少し蒸れを感じた一方、この3レイヤーオールウェザーパンツはほぼ蒸れを感じませんでした。

雨天時の通勤通学はもちろん、キャンプでも活躍しそうなパンツです。わざわざ着脱をしなくて済むのが本当に楽ですね。

商品詳細

商品名:3レイヤーオールウェザーパンツ
商品番号:R2P
サイズ:S/M/L/LL/3L
素材:ポリエステル100%
カラー:ベージュ・ブラック・カーキ
価格:2,500円(税込)

ワークマンならではの全天候型パンツ

今回は晴れでも雨でも使える、全天候型パンツをご紹介しました。2,500円でこの性能、多くの方に体感してもらいたいです!

カラーもブラック・ベージュ・カーキとどれも街に馴染む展開になっています。キャンプでも街でも、晴れでも雨でもたくさん履いてくださいね。

ワークマン店舗、ワークマンオンラインストアにて発売中です。