レインウェア・雨対策特集

レインウェア・雨対策特集

レインウェアの基礎知識

雨の日に欠かすことのできないレインウエアですが、種類も豊富で選ぶのに悩みます。
基本的なレインウエアの知識である「耐水圧」と「透湿度」についてご紹介いたします。
また、防水性を長持ちさせる方法もご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

耐水圧とは

JISが定めた測定方法によって、生地表面がどのくらいの水圧まで耐えられるかを表した数値です。
数値が高いほど防水性に優れています。

耐水圧10,000mmとは、素材に10mm四方×高さ10mの水柱を立てても水が染み出さないことを表しています。
※繰り返しの洗濯や使用時の摩擦によって機能は少しずつ低下します。

耐水圧とは

耐水圧の目安

レインウェア 耐水圧の目安

傘の耐水圧はだいたい250mm。
体重75kgの人が濡れた場所へ座ると、およそ2,000mmの圧力、濡れた場所へひざまずいた場合には、およそ11,000mmの圧力がかかります。

小雨を凌ぐ程度であれば耐水圧2,000mm以上、雨の中で長時間の作業アウトドアの際には、耐水圧10,000mm以上、バイクサイクリングなどの圧力が想定される場合には耐水圧20,000mm以上のレインウェアをオススメします。

透湿度とは

レインウェアの蒸れにくさの基準です。
生地の素材1㎡あたりに24時間で何gの水分が透過したかを表す数値で、数値が高いほど蒸れにくくなります。

※透湿は蒸れを軽減する機能であり、完全に蒸れないということではありません。快適な環境で作業する為の補助的な機能です。

透湿度の目安

レインウェア・透湿度の目安

安静時で透湿度2,000g/㎡/24h程度、軽い運動時には、透湿度5,000g/㎡/24h程度、激しい運動の場合は、透湿度10,000g/㎡/24h以上のレインウェアをオススメします。

※汗の量には個人差がございます。

防水と撥水の違い

レインウェア・撥水と防水の違い・撥水イメージ

外側に撥水加工を施すことで水を弾きます。生地の縫い目から浸水する可能性があります。また、洗濯で生地にダメージを負うなど、着用していく度に撥水力は低下していきます。

レインウェア・撥水と防水の違い・撥水イメージ

生地に防水コーティングや裏にフィルムを貼ることで生地の表面、縫い目などからの浸水を防ぎます。洗濯(手洗い)や着用時などで生地にダメージを負うと浸水する場合があります。

レインウェアの防水性を長持ちさせるために・・・

レインウェアを使った後は汚れを落とし、撥水加工することで防水性を長持ちさせることができます。
汚れをそのままにしておくと、湿気を逃すための穴がふさがれることで透湿度の低下生地の劣化などにつながりますので、使用した後は必ず洗濯しましょう。(洗濯が難しい場合は、濡れた布で汚れをふき取るだけでも違います。)
洗濯の方法は、お使いのレインウェアの洗濯タグに従って正しい方法で洗ってください。
洗濯した後は、しっかり乾かし、通気性の良い場所で保管しましょう。
ワークマンでは収納袋のついているレインウェアも多数取り扱っていますが、保管の際は収納袋に入れずにハンガーにかけて保管することをお勧めします。収納袋は持ち運びの際にお使いください。

レインウェア・透湿度の目安

 通勤・通学におすすめのレインウェア 

透湿レインスーツSTRETCH

学生にも人気のコスパ抜群レインウェア

透湿レインスーツSTRETCH 4,900円

耐水圧10,000mm、透湿度5,000g/m2/24hと高スペックでありながら、上下セットで4,900円というコスパ抜群のワークマンおすすめレインウェアです。
細身のシルエットですが、ストレッチ性のある生地なので体の動きを妨げません。
絶対に濡れたくない人におすすめの一着です。

BAG in(バッグイン)透湿レインコート

リュックを濡らさない軽量透湿レインコート

BAG in(バッグイン)透湿レインコート 3,973円

リュックを背負ったままでも着ることができるレインコートです。
背中のファスナーを開けると内部のマチが広がり、リュックを丸ごと収納可能に!
セパレートタイプと違って着脱が簡単なのもポイントです。
前の部分には浸水防止のための生地がついているので、自転車通勤・通学にもおすすめです。

耐水圧別レインウェア一覧

耐水圧20,000mmのレインウェア

耐水圧15,000mmのレインウェア

耐水圧10,000mmのレインウェア

耐水圧5,000mmのレインウェア

その他のレインウェアはこちら 長靴・レインブーツはこちら